ニートが働く勇気をもって会社員になるのは遠回り

勇気をもたなければいけない、逃げてはいけない
というのは誰もが口にする言葉です。

 

 

これはなにが目的なのか考えたことがありますか?

 

 

誰だって明るく笑って生きることを目的に
しています。

 

 

つまり幸せになるというゴールのために大変なこと
から逃げてはいけない。だから目の前の困難に立ち向
かわなければいけないということですよね?

 

 

苦労するのが目的ではないわけです。

 

 

努力や根性は美しいって考えが浸透しきってい
るため本来の人間が求める姿を忘れてしまう人が
多いのです。

 

 

ニートに働く勇気をもてとか逃げるなというのも
同じですね。

 

周りに追いつくという考え

遅れを取り戻さないといけない

 

 

あなたがニートで現在収入がないなら
なんとか再就職して周りに追いつかな
ければと考えているかもしれません。

 

 

苦労して就職活動して、入ってから努力
して担当の仕事ができるようになったらどう
思うでしょうか?

 

 

諦めないでよかった

やっぱり汗水たらして数倍努力すれば何度でもやり直せるんだ

 

 

いいことのように見えますが怖いことなんです。
ニートが働く勇気をもって就職するのは効率が悪いことなんですね。

 

 

考えてみてください。

 

 

わざわざ遠回りしているんですよ?

 

 

数年も前に入社して経験豊富な人と1から
同じ経験を積むために苦労しているのです。

 

 

その間に先に入った人はどんどん経験を積んで
いきますからなかなか追いつくのは難しいですよね?

 

 

しかもニートが働く勇気をもつには最大の壁が
あるのです。

 

 

それは外的要因です。

 

 

頑張っても会社が給料を決める

人間関係に悩み力をだせない
昇進していくにも順番がある
意図しない転勤
給与カット
リストラ
倒産

 

 

会社員だと自分ではコントロールできないことが
多すぎるのです。

 

 

そこにわざわざ無職期間が数年あるニートが入っ
ても給与面でも仕事のスキル面でも追いつくのは
難しいのが現実です。

 

 

追いつけたとしても5年や10年という気が遠くなる
ような長い年月がかかるんですね。

 

 

もしあなたがニートなら会社員として働く勇気
は捨てましょう。

 

 

競争率が高い
外的要因が多い

 

 

わざわざ競争が激しいところに行く必要は
ありません。

 

 

求められているのは、「競争」よりも「変化」である。
同じ土俵で競うのではなく、次々に変化し土俵を
変えていくことが評価されるのである

 

トーヨーカ堂元CEO 鈴木敏文

世の中知らないことのほうが多い

凄い経験をしている人なんてほとんどいない

 

 

以前に僕の上司が言っていたことです。

 

 

風邪で熱があって無理して会社に行っていた時のことでした。

 

 

僕の代わりも君の変わりもいくらでもいる。

自分がいないとダメだなんて間違いだ。
みんな小学校、中学校、高校、大学と進学してほぼ
同じカリキュラムをこなしている。
だから、その人しかできない難しい仕事なんてないんだよ。
休める時に休んでおこう。

 

 

もっともな意見ですよね?

 

 

会社員になったとしてもお金を稼ぐ能力は身に
つかないのです。

 

 

会社員はシステムの一部として仕組みを動かす
ための部品なんですね。

 

 

だからダメになったとしても取り換えればいいだ
けなんです。

 

 

ご理解いただけますか?

 

 

これは弱みを握られているのと同じですよね?

 

 

会社から放り出されたら食っていけないだろう

クビになりたくなかったら言うことを聞け
お前なんかどこも雇ってくれないぞ
ここを辞めたらもっと悲惨な条件で働くことになるぞ

 

 

自分で稼ぐスキルがないといかに理不尽な目に
あうかニートの経験のある人ならわかると思います。

 

 

働く勇気をもって飛び込んだ先に待っているのが
稼ぐ能力も身につかずに一ヶ月をやっと食つなぐ
給料をもらって、ひたすら耐え凌ぐだけなんて寂し
いと思いませんか?

 

 

それはわかる。でもお金を稼ぐスキルは難しくて身につかないだろう

 

 

こんな声が聞こえてきそうですね。

 

 

人がお金を稼ぐ方法というのは既に研究されて
効果があるノウハウも公開されているのです。

 

 

 

 

ニートで社会から離れているのであれば雇われ
て働く勇気よりも今の雇用されるのが当然の
社会の仕組みを疑ってみてください。

 

 

そして、これから何十年もお金や仕事のことで
苦労するのが嫌なら稼ぐスキルを身につけるた
めに周りと違うことをやるようにしてください。

 

 

そうすれば働く勇気などなくても自由な生活が
手に入るかもしれません。

 

 

同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと
それを狂気という

 

理論物理学者 アインシュタイン

関連ページ

ニートやひきこもりで実績なしでもアフィリエイトで稼げる理由
アフィリエイトは実績がなければ稼げないんでしょうか?実績を前面に出している人は多いですよね。ニートやひきこもりなど会社員の経験すらない人は意気消沈かもしれません。でも実績なんておまけにすぎないのです。
無職の方がアフィリエイトで生活しやすい
無職は毎日夜遅くまで働いている会社員にはないものをもっているのです。アフィリエイトで成功することでも凄く大事なものなんですね。そもそもアフィリエイトに過去の経歴は関係ありませんから無職の方が稼ぐには有利なんです。
稼ぐために必要な会社員にないものがあるからニートは勝ち組予備軍
自分のブログで生活できるようにする
自由に生きている人はやりたくないことはやらない
仕事なんだからやりたくないことはやらないなんて通用しないというのが一般的な考えです。だけど自由な生活をしている人はやりたくないことはやらないを徹底しています。
職歴なしのニートでもハードルが低い人生逆転できる仕事
自分のブログで生活できるようにする
肩書や仕事は自分で作るんだからニートでも金に困らない
自分のブログで生活できるようにする
ニートで働くのが怖いなら失敗してもいい仕事をしろ
ニートは雇用されるのが前提の社会では冷たい目で見られますね。働くのが怖いとかニートになるのが怖いのではなくて周りの目と待ち構えている未来が怖いのです。でも会社に雇用されなければいけないなんてのは嘘なんです。
何のために働くのかの答えはお金を働かせるためだ
何のために働くのかってドキュメンタリーで出演者が問われていることが多いですよね。生活のためなんだろうけどそれを言わずに成長するためとか人の役に立つって立派な答えをします。何だか違和感を感じませんか?自分が楽をするためでいいんです。
アフィリエイトは40代でも稼げるか気になるのは教育のせい
なにをやるにしても年齢は気になりますね。もう年だから遅いというのは誰でも持っていると思います。アフィリエイトでもこのように考える人が多いでしょう。40代だと会社では中核になっている頃ですからね。40代だってアフィリエイトで稼げる理由をお話しします。
ネットで大きな収入を稼げないと思うのは与えられる教育のせい
ネットで会社員の数倍の収入をえている人が多くなっています。有名大学や一流企業出身者ではなくて主婦やニートがですよ?そもそも彼らはネットで収入をえる知識なんか持ってなかったはずです。彼らがやったことは常識を疑うことなんです。
仕事に生きがいを感じなければいけない強迫観念
好きな仕事をして生きがいにしないと負け組だ。人生で一番大事なのは仕事だという人がいます。悪いことではないのですが生きがいになるくらい打ち込んでいないとダメだという強迫観念的を感じます。他人の考えを植え付けられているのかもしれません。
人間らしく生きるため働かないように努力する
ブラック企業や日雇い派遣のように人間らしく生活することを許さない社会になってきていますね。社員は家族だなんて言葉を信じていては将来路頭に迷うことになりかねません。人間らしく自由に生きるために行動が必要です。
独特な自分の魅力なんてなくてもビジネスで成功できる
自分の魅力はなんだろうと考えることはありますか?要は長所ですね。就職活動中は分析力とか問題解決能力なんて難しいことをアピールしていました。もっと身近で簡単な誰もがもっている自分の魅力があるのです。
就職以外で稼ぐ方法を知っておけば我慢の人生がなくなる
学校にいっていると就職以外でお金を稼ぐ方法は全く教えてもらえませんよね。学校というのは安い労働力が必要な国や会社のために用意された教育機関なんです。あなたの人生を食いものにされる前に就職以外の道を考えましょう。
ニートにおすすめの資格は教育産業が仕掛けた嘘
ニートだとなんとか資格をとって再就職しようと必死になります。就職しやすいおすすめの資格なんかを調べたりするかもしれません。だけど持っていれば有利な資格なんかありません。ある人は言ってました。一番役にたった資格は車の免許だと・・・
無職だからできることは人生から無駄を排除すること
無職だからできることもあるなんて言ったら笑われそうですね。怠けているだけだと批判されます。だけど楽をするために苦労する人はほとんどいません。夏休みの宿題は早くやっておけって言うくせに。無職だからできることは方向性の見直しです。
成功者はマイナス思考からプラス思考になっているニートもチャンス
成功者はプラス思考というのが常識です。しかし文明が発展したのは怠け心などの一般的には良くない考え方が元になっています。あなたがマイナス思考なら成功者と同じ資質を持っているのです。人間は元々、プラス思考ではないのですから。
ニートに向いてる仕事を探すよりも自分の生き方で仕事を選べ
ニートに向いてる仕事を探しても条件が悪いものしかありません。経歴重視の社会だと良い条件で雇用されるのは難しいです。ニートにむいてる仕事を探すより生きたいように生きる仕事を探しましょう。