何のために働くかは自分勝手な理由でいい

お金を従業員にする

 

 

これが僕の現在の価値観です。何のために働くのかなんて人それぞれですよね。
しかし過去の自分もふくめて精神的に周囲のためにというのが多いんです。

 

 

経験談をお話ししていきますので5分ほどお時間をください。

 

 

僕はサポートセンターに勤務していました。中にはクレームや苦情の電話がくること
もあります。

 

 

仕事だからしかたないのですが嫌な気分になるものです。同じ仕事をしているかたの
サイトに下記のように書かれています。

 

 

苦情を言ってくれるだけありがたい

会社に対してクレームを入れているのであってあなたにではない

 

 

確かにその通りなのかもしれません。しかし実際に対応するとかなり精神的に
ダメージをうけます。

 

 

休み時間に同僚と話しているとほとんどの人は下記のように言ってました。

 

 

辞めたいけど生活できないしその後社員にはなれないから辞められない

 

 

苦情をうけるのが好きな人なんかほとんどいないんですね。打ち解けて更に
本音を聞くと下記のような予想通りのこたえが帰ってきました。

 

 

・働かないで好きなことをしていたい

・節約しなくてもすむだけの給料がほしい
・嫌な奴とはつきあいたくない
・寝る時間や起きる時間を決めたくない

 

 

拘束されない自由がほしいというのです。僕はこれに共感しました。やっぱり
このように考えている人はたくさんいるのだと思います。

 

 

何のために働くのかなんて人それぞれなのに本音を言えない社会なのです。
周りの目があるからなんですね。

 

 

・批判されたくない

・仲間外れにされたくない

 

 

会社では人間関係が大事ですからしかたないことなのかもしれません。

 

 

しかし考えてみてください。

 

 

自分の人生なのに他人の意見を第1にする必要はないと思いませんか?
なかには丁寧に説教してくれる人もいますね。

 

 

・俺だって我慢しているんだ

・自分で商売して成功するやつは凄い才能があるんだ
・辞めたら職歴に傷がつくだけだ
・時間、人間関係、給料を決められるのは当たり前だ

 

 

成功者からの言葉であれば聞きますけど自由になるために挑戦していな
人の説教は苦痛でしかありませんよね?

 

 

やりたいことや夢、何のために働くのかなんて自由なのにそんなことも本音で語れない
ようなところとは決別すればいいのです。

空気を読んでしまう

え?そんな馬鹿な辞めたら生活できなくなるじゃないか!

 

 

と思ったのではないでしょうか。もちろんあてもなく辞めろということではありません。
そんなことをしたら何のために働くのかを落ち着いて考えられなくなってしまいます。

 

 

空き時間に自由になるための手段を探せばいいのです。
ネットがありますからいつでも副業を探すことができます。

 

 

本業の収入を超えてから会社を辞めるというリスクがない方法で自由になった
という情報がたくさんあります。

 

 

そんなにうまくいかない!
何のために働くってお金のだめだ。雇われなきゃ稼げないからだよ!!

 

 

と思ったのではないでしょうか?
僕もそうでした。

 

 

しかし、実際ネットビジネスなどの副業で会社員だった人が1年もしないうちに
自由な暮らしをしているのです。

 

 

そのために必要なのは今の自由を諦める環境(考え方)から自由を本気で求
める環境にシフトしていくのが重要
なんです。

 

 

類は友を呼ぶということわざをご存知ですよね?

 

 

先程、僕の会社の同僚の本音の話をしました。自由になりたい願望はあるけ
ども叶わぬ夢だと諦めてしまっているのです。

 

 

そのような考えをもっている人が集まっているところにいるとその価値観に感化
されてしまいます。

 

 

そこで自由になるために副業をはじめるなんて発言をしたって、そんなことしても
時間の無駄だという答えが返ってきて終わりですね。

 

 

空気を読めよって雰囲気になり本音を言えない、周りがそうだからやっぱり
自分で稼いで自由になるなんて無理だと諦めてしまうのです。

 

 

周りに合わすことができるのは素晴らしいことですが場合によっては自由を
妨げる
ものになってしまうんです。

 

 

自由は決して圧制者の方から自発的に与えられることはない。
しいたげられている者が要求しなくてはならないのだ。

 

米国の第16代大統領 エイブラハム・リンカーン

 

お金のために働くのは金に支配されている

金の亡者

 

 

一度くらいは聞いたことがあると思います。一般的には年収が数億円あって大事な
ものを犠牲にしてでも稼ごうとする人のことをいいますね。

 

 

ネットビジネスで少し前に派手な生活を売りにして稼いでいるふりをしているエセ
企業家がいました。

 

 

この人達は今は日本にいられなくなって海外に逃亡しています。金の亡者の
ビジネスは詐欺的なものなので長続きしません。

 

 

彼らが何のために働くのかというとまさに金のためです。

 

 

しかし会社員の多くも彼ら金の亡者のように多くのものを犠牲にしています。
もちろん詐欺をやっているわけではないですよ。

 

 

月に20万、30万の給料のために嫌なことを我慢しているではありませんか。

 

 

・朝早く起きて満員電車で通勤
・早く帰りたいのに残業がある
・嫌いな上司や同僚との付き合い

 

 

何のために働くのかの答えが「一ヶ月をやっと食つなぐだけの給料をもらうためだ」で
は馬鹿らしいと思いませんか?

 

 

共感してくれるなら考え方を変えてみてください。

 

 

自由を手に入れた人はお金のために働くのではなくてお金に働いてもらっている
です。

 

 

稼ぐには仕組みが必要です。小売店だったら商品の発注、仕入れ、在庫管理
レジや品出しの人員確保といった流れのことですね。

 

 

その仕組みの中に自分が入ってしまうと時間を拘束されてしまうため自由とは
いえません。何のために働くんだとなってしまいますよね。

 

 

小売店などのリアルビジネスなら人が必要になりますがネットビジネスなら全てを
無人化・自動化できます。

 

 

仕組みをつくってしまったら後はそのシステムが自動でお金を稼いでくれんですね。

 

 

優秀な仕組みつくるためにお金を投資して僕らはそのビジネスモデルのオーナー
になるのです。

 

 

ご理解いただけますか?僕らが社長でお金をかけた仕組みが従業員になって
働いてくれるのです。

 

 

無人なので文句も言いませんし派閥も作りませんよ(笑)

 

 

何のために働くのかは自分が自由になるためでいいのです。周りの目を気にし
て我慢するのはやめてください。

 

 

お金のために僕らが働くのでなくて僕らのためにお金を働かせるのです。

 

 

中流以下の人間はお金のために働く
金持ちは自分のためにお金を働かせる

 

金持ち父さん 貧乏父さん ロバート・キヨサキ著

まとめ

※何のために働くのかの答え

 

 

・最初は自由のために自動で稼ぐ仕組みを完成させるために働く
・仕組みが完成したら勝手にお金が入ってくるので働かなくてもよくなる

 

 

何のために働くのかは自分や大切な人のためであることを忘れないでください。

関連ページ

ニートやひきこもりで実績なしでもアフィリエイトで稼げる理由
アフィリエイトは実績がなければ稼げないんでしょうか?実績を前面に出している人は多いですよね。ニートやひきこもりなど会社員の経験すらない人は意気消沈かもしれません。でも実績なんておまけにすぎないのです。
無職の方がアフィリエイトで生活しやすい
無職は毎日夜遅くまで働いている会社員にはないものをもっているのです。アフィリエイトで成功することでも凄く大事なものなんですね。そもそもアフィリエイトに過去の経歴は関係ありませんから無職の方が稼ぐには有利なんです。
稼ぐために必要な会社員にないものがあるからニートは勝ち組予備軍
自分のブログで生活できるようにする
自由に生きている人はやりたくないことはやらない
仕事なんだからやりたくないことはやらないなんて通用しないというのが一般的な考えです。だけど自由な生活をしている人はやりたくないことはやらないを徹底しています。
職歴なしのニートでもハードルが低い人生逆転できる仕事
自分のブログで生活できるようにする
肩書や仕事は自分で作るんだからニートでも金に困らない
自分のブログで生活できるようにする
ニートで働くのが怖いなら失敗してもいい仕事をしろ
ニートは雇用されるのが前提の社会では冷たい目で見られますね。働くのが怖いとかニートになるのが怖いのではなくて周りの目と待ち構えている未来が怖いのです。でも会社に雇用されなければいけないなんてのは嘘なんです。
アフィリエイトは40代でも稼げるか気になるのは教育のせい
なにをやるにしても年齢は気になりますね。もう年だから遅いというのは誰でも持っていると思います。アフィリエイトでもこのように考える人が多いでしょう。40代だと会社では中核になっている頃ですからね。40代だってアフィリエイトで稼げる理由をお話しします。
ネットで大きな収入を稼げないと思うのは与えられる教育のせい
ネットで会社員の数倍の収入をえている人が多くなっています。有名大学や一流企業出身者ではなくて主婦やニートがですよ?そもそも彼らはネットで収入をえる知識なんか持ってなかったはずです。彼らがやったことは常識を疑うことなんです。
仕事に生きがいを感じなければいけない強迫観念
好きな仕事をして生きがいにしないと負け組だ。人生で一番大事なのは仕事だという人がいます。悪いことではないのですが生きがいになるくらい打ち込んでいないとダメだという強迫観念的を感じます。他人の考えを植え付けられているのかもしれません。
人間らしく生きるため働かないように努力する
ブラック企業や日雇い派遣のように人間らしく生活することを許さない社会になってきていますね。社員は家族だなんて言葉を信じていては将来路頭に迷うことになりかねません。人間らしく自由に生きるために行動が必要です。
独特な自分の魅力なんてなくてもビジネスで成功できる
自分の魅力はなんだろうと考えることはありますか?要は長所ですね。就職活動中は分析力とか問題解決能力なんて難しいことをアピールしていました。もっと身近で簡単な誰もがもっている自分の魅力があるのです。
就職以外で稼ぐ方法を知っておけば我慢の人生がなくなる
学校にいっていると就職以外でお金を稼ぐ方法は全く教えてもらえませんよね。学校というのは安い労働力が必要な国や会社のために用意された教育機関なんです。あなたの人生を食いものにされる前に就職以外の道を考えましょう。
ニートにおすすめの資格は教育産業が仕掛けた嘘
ニートだとなんとか資格をとって再就職しようと必死になります。就職しやすいおすすめの資格なんかを調べたりするかもしれません。だけど持っていれば有利な資格なんかありません。ある人は言ってました。一番役にたった資格は車の免許だと・・・
無職だからできることは人生から無駄を排除すること
無職だからできることもあるなんて言ったら笑われそうですね。怠けているだけだと批判されます。だけど楽をするために苦労する人はほとんどいません。夏休みの宿題は早くやっておけって言うくせに。無職だからできることは方向性の見直しです。
ニートが働く勇気をもって就職するよりも稼ぐスキルをつけろ
しばらく社会から離れていると働く勇気をもてなくなるかもしれません。しかしニートには将来がないので無理にでも働く勇気を持ないといけない社会ですよね。数年間のブランクを取戻すよりも同じ土俵で戦わないこと、勝てない勝負はしないことが大事です。
成功者はマイナス思考からプラス思考になっているニートもチャンス
成功者はプラス思考というのが常識です。しかし文明が発展したのは怠け心などの一般的には良くない考え方が元になっています。あなたがマイナス思考なら成功者と同じ資質を持っているのです。人間は元々、プラス思考ではないのですから。
ニートに向いてる仕事を探すよりも自分の生き方で仕事を選べ
ニートに向いてる仕事を探しても条件が悪いものしかありません。経歴重視の社会だと良い条件で雇用されるのは難しいです。ニートにむいてる仕事を探すより生きたいように生きる仕事を探しましょう。