人間らしく生きるとは好きなことを制限なくやること

人間関係の苦労

労働の苦労
住む場所やプライベートも仕事に捧げる

 

 

子供の頃に親の借金や不幸によって苦労して成功した人は
称賛されますよね。

 

 

僕がこのブログをつくったのも幼少時代に苦労して成功を手に
いれた人に影響を受けたのが1つの原因です。

 

 

絶対に自由になって恩返ししなければいけない人達がいるの
も理由の1つですね。

 

 

 

 

冒頭に書いたように人間関係や長時間の労働で苦労して
いる人はたくさんいます。

 

 

なかには始発で会社に行って終電で帰る毎日を繰り返し
て人間らしく生きてない人もいます。

 

 

というより国や会社に雇われていると1日のほとんどを拘束
されていますよね?

 

 

もし、あなたが自由がない生活に悩みを感じているならそれ
は人間らしく生活しないのが当り前だという風潮にあるのです。

 

 

ちなみに人間らしくというのは個人によって違います。

 

 

僕が掲げる人間らしく生きるとは下記です。

 

 

経済的な自由

人間関係の自由
時間の自由
住む場所の自由

 

 

やりたい時にやりたいことを制限をかけずにやるというのが
人間らしく生きるということなのです。

 

 

できるだけ苦労しない

無理はしなければ、しないほうがいいんだよ。
苦労というものはいい部分もあるが、悪い部分もある。
苦労はしてもいいけど、無駄な苦労はしないほうがいいんだ。

 

日本の政治家 田中角栄

 

 

考えてみください。

 

 

あらゆることを我慢して仕事に全てを捧げなければいけない
なんておかしいと思いませんか?

 

 

「組織で働いている以上、休んでしまったら周りに迷惑が
かかるだろ」という声が聞こえてきそうですね。

 

 

そんなあなたの考えは人間として凄く大事だと思います。

 

 

しかし大事な人が弱っている時や自分の体調が悪い時
にも会社に尽くさなければいけないなんて人間らしくない
思いませんか?

 

 

困っているのが親や兄弟であれば尚更です。

 

 

生まれてからずっと育ててきてくれた家族よりも仕事を優先
させなければいけない今の社会は人間らしく生きるな
と言っているようなものです。

 

 

・担当する仕事や肩書

・人間関係
・労働時間
・住む場所
・給料
・休憩時間
・仕事の時の服装

 

 

国や会社に雇われているとあなたの人生は全て会社に
決められてしまいます。

 

 

ご理解いただけますか?

 

 

権力者が自由で裕福な暮らしをするために考えだした人生
を僕らはそのまま歩んでいるのです。

 

 

雇われていると稼ぐため以外の苦労、つまり無駄なこと
が多すぎるのです。

 

 

例えば先程お話しした仕事時の服装なんかがそうですね。

 

 

・スーツ着用

・Yシャツは白
・靴下は黒か紺

 

 

珍しくない決まりだと思います。
しかし、なぜこのような決まりがあるか考えたことはありますか?

 

 

答えは費用がかからないからです。

 

 

しっかりしたように見せるためと最もな理由の裏には会社
が利益を上げるための狙いが隠されているんです。

 

 

メール1つで指示できますしスーツやYシャツを購入する
費用は社員が持ちますから会社からしたら最も効率が
いいのです。

 

 

会社は利益をだすため、オーナーや幹部が稼ぐための
仕組みです。

 

 

あなたが人間らしく生活するためにあるのではないのです。
そのために貴重な時間を捧げる必要はありません。

 

 

だからあなたが稼ぐため人間らしく生きるためにどうしたら
いいかを考えるべきなんですね。

 

 

 

自分が稼ぐための苦労をする

若い時の苦労は買ってでもしろ

 

 

名言として語りづかれていますよね。

 

 

しかしこのまま受けとってしまってはとんでもない
ことになります。

 

 

自分が人間らしく(自由に)生きるための苦労をしろ
ということです。

 

 

国や会社のために自由や大事な人を犠牲にする苦労
とは全く違います。

 

 

では自由に生きるためにはどうしればいいのかというと
働かなくても生活できるようにするのがミソです。

 

 

人間らしく自由を満喫するためには稼ぎ方を間違って
はいけないのですね。

 

 

 

 

僕らがなぜ便利な生活ができるか考えてください。

 

 

電気、ガス、水道、家、ネットなど便利なものがある
からですよね?

 

 

これは苦労しなくてもいいように効率いい生活ができる
ようにという怠け心が生み出したものです。

 

 

 

水を汲みに離れた場所にある水場に毎日行くよりも短期間
苦労して水場から管を通して水道を引いた方が長い目で見
れば効率的なのは明らかです。

 

 

先人達は水道をひくための苦労は惜しまなかったのですね。

 

 

水道ができるまでは水汲みをしながら水道をつくる作業を
しなければいけません。

 

 

完成までの間は凄い労力になります。

 

 

それでもでき上がったら水場に行くこともなく蛇口を捻る
だけで必要な水が手に入ります。

 

 

リターンが凄く大きいのはわかると思います。

 

 

この考えと同様です。

 

 

自分が稼ぐための仕組みづくりのために苦労してください。

 

 

 

 

あなたが会社員なら仕事をしながら作業しなければいけ
ないですから完成までは大変です。

 

 

しかしそれが終わったら仕組みがあなたの代わりに働い
てくれるのです。

 

 

そうすれば稼いだお金のほとんどはあなたのものになります。
会社員だとかなりの額を会社に吸い取られてしまうのです。

 

 

水汲みにいってバケツに穴があいているようなものですね。

 

 

今はネットがあるので資金がない凡人でも会社員よりも
ずっと稼いでいる人がでてきています。

 

 

それができるのは雇われて働くことの効率の悪さに気付いて
人間らしく自由に生きるために行動した人達なのです。

 

 

くれぐれも無駄な苦労はしないでください。

 

 

朝、目覚める。
すると不思議なことにあなたの財布にまっさらな二十四時間
がぎっしりと詰まっている。
そして、それは全てあなたのものだ。

 

イギリスの小説家 アーノルド・ベネット

関連ページ

ニートやひきこもりで実績なしでもアフィリエイトで稼げる理由
アフィリエイトは実績がなければ稼げないんでしょうか?実績を前面に出している人は多いですよね。ニートやひきこもりなど会社員の経験すらない人は意気消沈かもしれません。でも実績なんておまけにすぎないのです。
無職の方がアフィリエイトで生活しやすい
無職は毎日夜遅くまで働いている会社員にはないものをもっているのです。アフィリエイトで成功することでも凄く大事なものなんですね。そもそもアフィリエイトに過去の経歴は関係ありませんから無職の方が稼ぐには有利なんです。
稼ぐために必要な会社員にないものがあるからニートは勝ち組予備軍
自分のブログで生活できるようにする
自由に生きている人はやりたくないことはやらない
仕事なんだからやりたくないことはやらないなんて通用しないというのが一般的な考えです。だけど自由な生活をしている人はやりたくないことはやらないを徹底しています。
職歴なしのニートでもハードルが低い人生逆転できる仕事
自分のブログで生活できるようにする
肩書や仕事は自分で作るんだからニートでも金に困らない
自分のブログで生活できるようにする
ニートで働くのが怖いなら失敗してもいい仕事をしろ
ニートは雇用されるのが前提の社会では冷たい目で見られますね。働くのが怖いとかニートになるのが怖いのではなくて周りの目と待ち構えている未来が怖いのです。でも会社に雇用されなければいけないなんてのは嘘なんです。
何のために働くのかの答えはお金を働かせるためだ
何のために働くのかってドキュメンタリーで出演者が問われていることが多いですよね。生活のためなんだろうけどそれを言わずに成長するためとか人の役に立つって立派な答えをします。何だか違和感を感じませんか?自分が楽をするためでいいんです。
アフィリエイトは40代でも稼げるか気になるのは教育のせい
なにをやるにしても年齢は気になりますね。もう年だから遅いというのは誰でも持っていると思います。アフィリエイトでもこのように考える人が多いでしょう。40代だと会社では中核になっている頃ですからね。40代だってアフィリエイトで稼げる理由をお話しします。
ネットで大きな収入を稼げないと思うのは与えられる教育のせい
ネットで会社員の数倍の収入をえている人が多くなっています。有名大学や一流企業出身者ではなくて主婦やニートがですよ?そもそも彼らはネットで収入をえる知識なんか持ってなかったはずです。彼らがやったことは常識を疑うことなんです。
仕事に生きがいを感じなければいけない強迫観念
好きな仕事をして生きがいにしないと負け組だ。人生で一番大事なのは仕事だという人がいます。悪いことではないのですが生きがいになるくらい打ち込んでいないとダメだという強迫観念的を感じます。他人の考えを植え付けられているのかもしれません。
独特な自分の魅力なんてなくてもビジネスで成功できる
自分の魅力はなんだろうと考えることはありますか?要は長所ですね。就職活動中は分析力とか問題解決能力なんて難しいことをアピールしていました。もっと身近で簡単な誰もがもっている自分の魅力があるのです。
就職以外で稼ぐ方法を知っておけば我慢の人生がなくなる
学校にいっていると就職以外でお金を稼ぐ方法は全く教えてもらえませんよね。学校というのは安い労働力が必要な国や会社のために用意された教育機関なんです。あなたの人生を食いものにされる前に就職以外の道を考えましょう。
ニートにおすすめの資格は教育産業が仕掛けた嘘
ニートだとなんとか資格をとって再就職しようと必死になります。就職しやすいおすすめの資格なんかを調べたりするかもしれません。だけど持っていれば有利な資格なんかありません。ある人は言ってました。一番役にたった資格は車の免許だと・・・
無職だからできることは人生から無駄を排除すること
無職だからできることもあるなんて言ったら笑われそうですね。怠けているだけだと批判されます。だけど楽をするために苦労する人はほとんどいません。夏休みの宿題は早くやっておけって言うくせに。無職だからできることは方向性の見直しです。
ニートが働く勇気をもって就職するよりも稼ぐスキルをつけろ
しばらく社会から離れていると働く勇気をもてなくなるかもしれません。しかしニートには将来がないので無理にでも働く勇気を持ないといけない社会ですよね。数年間のブランクを取戻すよりも同じ土俵で戦わないこと、勝てない勝負はしないことが大事です。
成功者はマイナス思考からプラス思考になっているニートもチャンス
成功者はプラス思考というのが常識です。しかし文明が発展したのは怠け心などの一般的には良くない考え方が元になっています。あなたがマイナス思考なら成功者と同じ資質を持っているのです。人間は元々、プラス思考ではないのですから。
ニートに向いてる仕事を探すよりも自分の生き方で仕事を選べ
ニートに向いてる仕事を探しても条件が悪いものしかありません。経歴重視の社会だと良い条件で雇用されるのは難しいです。ニートにむいてる仕事を探すより生きたいように生きる仕事を探しましょう。