自由がないストレスが溜まる仕事はやらなくていい

 

 

社会にでてから労働の義務は僕らの時間のほとんどを奪っていきます。仕事が
終わって仲間と飲んでいる時にでる言葉は決まってでるのはこんな言葉です。

 

 

学生の時は良かった

もう一度子供に戻りたい

 

 

気楽で責任のなかった自由な生活に戻りたくなります。ハッキリ言って働かなく
ても満足できる生活ができるならストレスなんかない方がいいのです。

 

 

しかし社会は自由がないこと我慢することを偉いとしているのです。

 

 

僕は15年くらいサポートセンターで働いています。そこは義務だらけで自由が
ないところです。

 

 

・1日○件対応する

・対応後の処理時間は2分
・積滞があったら処理は後にしてとにかく電話をとれ
・保留時間は1分以内でストップウォッチで正確にはかること

 

 

昼休憩の時間も自分では決められずトイレに行く時間でさえ周りに気を使う
くらいなんです。

 

 

こんな自由がない生活にストレスを感じたこと、家族との時間を大事にしたいと
考えたためネットビジネスをはじめました。

 

 

仕事は大変だけど学生時代のバイトより給料はもらっているだろう

 

 

という声が聞こえてきそうですね。僕もそう考えていました。

 

 

でも考えてみてください。

 

 

ストレスがない楽しい時間の大半を差し出して、もらえる報酬が1ヶ月を節約して
やっと食いつなげるだけの給料なんですよ。

 

 

とても経済的に充分な報酬とはいえません。
自由がない生活をしているのに酷い話だと思いませんか?

 

 

しかも我慢するのは時間の拘束と給料の安さだけではありません。

 

 

・仕事場の近くに住まなければいけない

・ウマが合わない人と1日のほとんどを一緒に過ごさなければいけない

 

 

理解されていると思いますが時間、住む場所、経済、人間関係の自由を放棄
して会社に尽くしているのです。

 

 

これだけやっているのに会社の都合で解雇されたり、ただでさえ安い給料を更に
減らされるなんて理不尽なことをされます。

 

 

僕は毎日のように会社に雇ってもらわなくても稼ぐことができれば自由がない生活
から解放されるのにと考えていました。

 

 

でもそれを言うのが怖かったのです。

稼げない言い訳をする

この仕事は自分が選んだんだ!

 

 

僕が嫌な仕事をするしかないと思っていたころに言っていた言葉です。就職超氷河
期世代ですから同年代には周りにこんなことを宣言している人が多いです。

 

 

自分で選択したと言わなければやってられないんですね。正社員という安定した
働き方ができている同年代に対する意地みたいなものですね。

 

 

周りには「正社員は自由がないからストレスがたまるよねー」なんて心にもないこと
を言ってました。本当は羨ましい、自分は負けたと思っているのです。

 

 

理由は簡単です。

 

 

辛いから転職していることを正直に言うと下記のような言葉が返ってくるとわかって
いるからなんです。

 

 

楽な方に逃げていたからだよ

自己責任じゃないか
就活をちゃんとやらないで遊んでいたからだ
何でそんなになるまで放っておいたの

 

 

こういう叱咤を受けるのが嫌なんですね。辞めた会社がどんなブラック企業だって
転職回数が多いとほぼ毎回同じ言葉が返ってきます。

 

 

だから自己防衛をするのです。

 

 

責任がある仕事はしたくない

1つの会社に縛られると自由がない
やりたい仕事だけしたい
異動があるのは嫌だ
残業で自分の時間をとられるのがバカらしい

 

 

本当はやりたい仕事なんかないし給料だってもっとほしいんですよ。でも周りに
否定されるのが嫌だから本音を言えないんですね。

 

 

そもそも矛盾しているんですよ。

 

 

バイトだって派遣だって会社で働いているのですから出勤時間も働く場所も
給料も決められているのです。

 

 

自由がない、ストレスがあるのは正社員と一緒なんですね。

 

 

自分一人だけならこのままでも良かったのかもしれません。しかし家族が病気で
ピンチになった時に状況を変えなければいけないと思ったのです。

 

 

 

 

そもそも会社員では自由がない生活を余儀なくされているのは目に見えています。
どんなホワイト企業でも下記の自由の全ては手に入りません。

 

 

・時間の自由

・経済的な自由
・人間関係の自由
・住む場所の自由

 

 

組織で働くのだから自由がないのは当然ですね。それであれば組織に属さない
仕事を選べばいいのです。

 

選択肢を奪われているから自由がない

今はまだ準備段階ですが僕がやっているネットビジネスは1人で作業します。仕組みを
つくってネットに公開すれば365日どの時間でも集客して商品を販売してくれます。

 

 

1人でやる→人間関係がない

作業時間が決まってない→時間の拘束がない
ネットとPCがあればどこでもいい→場所の拘束がない
収入は自分の能力次第→給料の制限がない

 

 

先程お話した4つの自由(人間関係、時間、場所、経済)を手に入れるには
ネットビジネスが最適だと思っています。

 

 

自分で生活できるくらいの収入をえられるかが心配だ

 

 

このような考えているかもしれませんね。ネットビジネスでは月収100万円も稼いで
いる人が多く存在します。

 

 

自由がない今の生活は嫌だけど会社の後ろ盾もないのに数倍も稼ぐことが本当
にできるのだろうか・・・

 

 

この心配はわかります。誰もが思うことですよね。
だけど冷静に考えてみてください。

 

 

東南アジアや南米では時給が100円程度で働いている人が大勢います。

 

 

彼らに「空調が効いた綺麗な職場で時給1000円の仕事があるよ」と言っても信じ
てくれませんよね?これと同じです。

 

 

僕らの月収が30万程度が当り前だと思ってしまっているのは会社員になる人が
ほとんどだからなんですね。

 

 

求人票に掲載されている初任給や30歳のモデル賃金を見ているとそれが当然
で自分は数倍の収入を稼ぐことなんか不可能だと思い込んでしまうのです。

 

 

そして20万円程度を稼ぐのに自由がないストレス満点で働くのが当り前だと誘導
されているんですね。

 

 

教育とは、無理やり教え込んだり、訓練したりするものではない。

 

日本の思想家、大学教授 内田 樹

 

 

ここまで話したらもう理解されていますね?

 

 

学校の教育で会社員になる以外の選択肢を奪われて1ヶ月をやっと食つなげる
だけの報酬で生活していくという価値観を植え付けられている
んです。

 

 

給料は我慢料だ

 

 

会社の教育の一環として一度は聞いたことがあるかもしれませんがこれは
間違いです。

 

 

報酬はお客さんの役に立った時に発生するのであって我慢に対して発生するので
はありません。

 

 

ネットビジネスで商品を売れば感謝してもらいつつ報酬を受けとることができます。
しかも自分は会社に行く必要がないので自由がないストレスから解放されます。

 

 

Win×Winの関係が気付けるのですからストレスがないのは言うまでもありません。

 

 

これからはネットビジネスで自分一人で商品を売るスキルを身につけることが
ストレスなく生きることに繋がるのです。

関連ページ

サラリーマンのような時間を切り売りして月給を稼ぐのは危険
僕らは時間に対して給料をもらうことに慣れてしまっています。時間を切り売りして時給を稼いでいると貧乏からは抜け出せません。お金持ちは自分が働くなんて概念はないのです。時間を切り売りするのは自由を安い報酬で売っているようなものなんです。
やりたいことが見つからないのは悪ではなく当り前
やりたいことが見つからないと焦る人は多いですね。だったら何もしなくていい生活ができるように考えればいいのではないでしょうか。僕らの貴重な時間を奪っていく働き方に問題があるのです。やりたいことが見つからないならなにもしなくていいのです。
アフィリエイトよりも会社で働くほうが時間の無駄
今までは会社での労働が時間の無駄だとは考えてもいませんでした。でもアフィリエイトをはじめてから時間によって報酬をえるのは時間の無駄だと感じるようになりました。富裕層はお金=労働時間とは考えてないんです。
一生食っていける仕事をしたいなら会社を辞めれば?
国や会社に頼っていては一生食っていける仕事なんてできません。自分で稼ぐスキルなんかつかないんですね。学校の先生や会社の上司から受けた教育では一生食っていける仕事なんかできないのです。ヒントは昔から変わらないものにあります。
我慢しない生き方をすれば我慢しなくてもいい自由を掴める
僕ら日本人は耐えることに美学を感じます。しかし自由になるためには欲望を叶えるために行動することなのです。耐えることとは逆に我慢しない生き方が正解なんですね。自由がない生活から抜け出したいなら我慢しない生き方ができる仕事を選ぶのです。
最初から地獄だが敷かれたレールも地獄につながっている
子供の頃から学校に行ってみんなと同じ授業、同じ行事をこなしています。敷かれたレールを歩くのは楽なように見えますが自分の人生ではないかもしれません。敷かれたレールからはずれてみれば選択肢が広がるかもしれませんよ。
努力は方向性を間違うと無意味な自己満足になる
競争社会では努力、根性を武器にのし上がっていく人がいます。でもわざわざ競争相手がいるところで努力するのは効率が悪いです。努力を自己満足にさせないために方向性を考えるべきです。努力しても結果がでない自己満足だったなんて悲惨です。
経済的な自立は会社員では定年後も訪れない
会社員は時間、お金、自由、住む場所を摂取される現代の奴隷です。経済的に自立できれば他の自由も手に入りやすくなります。経済的な自立ができる仕事は特定の人でなければできないって嘘なんですよ
毎日が辛いなら同じことの繰り返しを辞めろ
会社員は時間、給料、環境は自分で決めれません。毎日同じ時間に起きて同じ職場に行って同じ人達と仕事をしますよね。自分にあっていれば天国ですけど合わないことを毎日繰り返すのは地獄です。抜け出すにはどうすればいいんでしょうか
幸せって何と考えたときに仕組まれていることに気づいた
幸せとは何かを考えた時に一般的には家族と一緒にいること、仕事があることなど当たり前のことが幸せですよね。しかし人生のほとんどを仕事に捧げて家族が悩んでいる時に側にいられないことが本当に幸せなんでしょうか。
人生の設計の順番が逆だからうまくいかない
芸能人は最初のうちは仕事を選んではいけないといいますね。競争率の高い狭い世界だと正解なのかもしれません。人生設計は人それぞれですが雇われずにストレスなく生活することが目的ならそこに到達するまでの人生の設計書は簡単です。
自分を見失うなら本音を言える仕事をしろ
集団で生活するうえでストレスをかかえて自分を見失う人は多いですよね。価値観が違う人とも笑顔で付き合わなければいけない社会です。集団でやらなければいけない仕事をしなければ自分を見失うことなく生きていけるんですけどね。
ブログのデザインにこだわるのはコストを肥大化させるだけ
デザインがかっこいいブログは確かに目を引くかもしれません。しかし稼ぐのが目的であればデザインには時間をかけないほうがいいです。それよりもこれらも変わらない人間の心理状態を勉強して文章力を磨いた方が永続的に稼げるのです。
仕事を定年まで続けるよりも効率よく生きろ
サラリーマンが会社が決めた金額しか稼ぐことができないのと同じようにネットビジネス(で稼げないのにも理由があります。
会社の仕事には将来はないからネットで稼ぐ文章力をつけろ
将来安定して稼げる仕事は何かという質問をする人が多いですよね。無人化が進んでいる現在では将来仕事がなくなる人が続出します。強いて将来性があるといえば稼ぐ仕組みをつくりだすようなコンピュータができない仕事ですね。
会社で必要ない人間ならネット上で必要な人間になればいい
仕事がうまくいかないと必要ない人間なのかもしれないと考えることがあります。関わる人間から仕事の内容まで自分で選ぶことができないんですから、うまくいかないのが当り前なんです。必要ない人間から脱却したいなら好きなことを仕事にすることです。
考える前に行動の意味を間違うとビジネスは成功しない
成功する人は行動力があります。ただ、考える前に行動するのが必ずしも正しいとは限りません。早くするべきところは早くして時間をかけるべきところはじっくりやるという状況判断が大事です。考える前に行動の意味を考えていきましょう。
安定を餌に奨学金という名の借金を背負うな
大学に入るために奨学金を借りる人は後を絶ちません。しかし高い奨学金を払ってもその見返りはあまりにも少ないかもしれません。この変化の速い時代に月に20万~30万を稼ぐために奨学金を払うメリットはないのです。
アフィリエイトも世の中も自動化の時代だから長時間労働はダメ
汗水たらして働く人が幸せになれると言います。しかし企業では工場や小売店で無人化による自動化を進めています。会社は楽しているのに僕らは楽をするのはダメ人間と考えていますね。アフィリエイトで楽をするための苦労をしないと使い捨てにあいます。
教育で現代の奴隷にされた会社員は稼ぐスキルはつかない
雇用されるのは現代の奴隷になるということです。月給20万円くらいで全てを会社に決められてしまいます。国や会社は僕らに稼ぐスキルを与えてくれません。会社には労働力が必要だからです。富裕層のために現代の奴隷を続けるのは時間の浪費です。
負け組人生を歩くのが本当の勝ち組だから常識は偏見だ
負け組人生というのは会社員が当り前の社会独特のものです。無職期間、転職回数、雇用形態によって勝ち組なのか負け組人生なのかを判断しますよね。でも就職なんかしたことない負け組人生を歩いた人でも大金を稼いでいる人は存在します。
どうしても金持ちになりたいならリスクなく稼ぐ方法を知れ
どうしても金持ちになりたいと本気で考える人は少ないです。内心はリスクを背負ったり、大変な苦労をするのは嫌だと考えています。しかしネットビジネスならどうしても金持ちになりたいという思いをリスクなく叶えることができるんです。
今まで教わったことに逆らうのが働かないで生きる方法になる
働かないで生きる方法なんて探していると説教されますよね?それが世間の常識です。みんなが同じ考えを持つことで違う考えの人を排除しようとします。ネットが発達して働かないで生きる方法が手に入るようになっても会社員が多いのはそれが原因です。
仕事が辛いのは難しいからではなく外的要因だから辞めちゃえば?
仕事が辛いから逃げだしたいと僕は何度も思いました。難しいから辛いのではなくて理不尽だから辛いのです。どんなに自分が頑張ってもどうしようもない耐えるだけしか対策がないから辛いんですね。でもそこから抜けだすのは難しいことではありません。
稼ぐスキルが身につかない仕事からの脱走を考えろ
会社員になっても1人で稼げるスキルはつきません。そんな仕事からの脱走をおすすめします。月に20万程度で嫌なことを我慢するなんて、やらなくてもいい苦労です。そんな仕事からの脱走を考えましょう。
嫌な事から逃げてもいい条件は成功者によって解明されている
嫌な事から逃げてもいいなんて普通は言いませんよね?だけど、全てではないのです。嫌な事から逃げていい環境なのかを見極めることが大事です。ネットビジネスの成功者は人間関係が煩わしいなど ネガティブな理由で嫌な事から逃げて成功したのです。
底辺からの脱出をしたいなら自動で金を稼げるノウハウを学べ
底辺からの脱出をしたいなら短時間で稼ぐための行動をするべきです。そのためには無知であることからの脱却が必要です。世の中のお金持ちは知識に投資することで底辺からの脱出をしているのです。
出来ない仕事を続けるよりも自分で仕事を生みだしてしまえ
難しいから出来ない仕事というのはほぼありません。そもそも担当がその仕事を続けるかどうかもわからないですよね。だから出来ない仕事があるというのは難しさよりも別に原因があるのです。自分で制御できないことなら続けるより辞めることを考えましょう。