出来ない仕事を続けるのは意味がない

出来ない仕事を続ける意味はあるのか?

 

 

人間は誰にでも得意・不得意はあります。

 

 

就職や転職の時に自分のやりたいことを見つける
のに苦労することは多いですよね。

 

 

やりたい仕事をやってないなんてダメな奴だ

 

 

こんな無茶なことが常識になっているのです。

 

 

国や会社に雇われていて本当に好きな事を仕事
にしている人なんてわずかなのにですよ?

 

 

今回は出来ない仕事を続けるのがいかに効率が
悪いかをお話していきます。

 

 

5分ほどお時間をください。

 

 

好きな事をやらせないのにやりたいことを探せという矛盾

僕らは社会にでる直前まで学校での教育を受けますよね。
そこでは学ぶことを全て決められてしまいます。

 

 

運動が苦手な人

数字が苦手な人
絵が下手な人
音痴な人

 

 

得意・不得意はあって当然なのに全て同じカリキュラム
と価値観で管理しているのですね。

 

 

嫌な事や出来ない仕事を無理して続けている人が
多いのはわかるのではないでしょうか。

 

 

考えてみてください。

 

 

大学までの20年余りを全て一方的に決められてきたのに
急にやりたい仕事を見つけろなんて無茶な話なのです。

 

 

 

 

それにやりたい仕事を見つけても会社勤めだと仕事
以外のことで悩むことも多いんですね。

 

 

人間関係

勤務場所
労働時間
給料

 

 

上記は心当たりがあるのではないでしょうか。

 

 

仕事の内容は好きでも頑張ってもどうしようもない
ことが絡んでくるのです。

 

 

あなたも働いた経験があるのなら思い出して
みてください。

 

 

仕事は必ず手順が決まっていますよね?

 

 

コンビニの接客がわかりやすいと思います。

 

 

お客さんがレジに商品を持ってくる

バーコードをスキャンする
商品を袋に入れる
お金を受けとる
お釣りを渡す

 

 

やっている内容や難易度は違いますがどんな
ことにだって手順があり、マニュアルや教育係
が教えてくれます。

 

 

出来ない仕事をやっているという人も実は業務内容
ではなくて別のことが原因の場合が多いのです。

 

 

例えば人間関係ですね。

 

 

さっきも言ったよね!?

何回言えばわかるの!?
覚えるのが遅いよ?
こんなこともできないの?
周りはみんなできているのに

 

 

集団にいると自分のペースでやるわけにはいきませんから
どうしても周りに合わせることを要求されるんですね。

 

 

このように出来ない仕事を続けている人は
自分でコントロールできないことで悩んでいる
場合が多いのです。

 

 

堀江貴文さんは家事を一切やらずに1つのこと
に没頭するというのはご存知ですか?

 

 

やることがたくさんあるとパワーが落ちてしまう
からですね。

 

 

集中できないとやはり効率は落ちます。

 

 

あなたも経験があるのではないでしょうか?

 

 

納期間近の作業に集中したいのに電話がくる
いい調子で進んでいたのに上司に別の仕事を頼まれる

 

 

会社員は複数のことを同時に、周りに合わせて
進行させる高い能力を要求されるのです。

 

 

でも給料は一ヶ月をやっと食つなぐ程度しかもらえない・・・

 

 

割にあわないと思いませんか?

 

 

それであれば出来ない仕事や効率の悪い働き方
を続けるよりも自分のペースで働ける環境に行け
ばいいのです。

 

 

理想の働き方はネットビジネスにある

じゃあ自分のペースで集中できる仕事って何なの?

 

 

この疑問の答えはネットビジネスです。

 

 

とくにアフィリエイトがお金も実績もない場合には
リスクが0なのでおすすめです。

 

 

先程お話した1つのことに集中できない原因は
組織に属しているためです。

 

 

だったら自分1人でやれる仕事でお金を稼げ
ればいいですよね?

 

 

嫌な人がいる環境で出来ない仕事を続ける
よりはずっと効率的です。

 

 

しかし一人でお金を稼ぐのは学校や会社で
集団での生活が当り前だと教育されてきた
僕らには高いハードルに見えると思います。

 

 

人間は自分が経験したことや周りを見てできる
かできないかを判断します。

 

 

1人でやるネットビジネスなんてそれこそ出来
ない仕事じゃないか

 

 

と思うのも無理はありません。

 

 

しかしご安心ください。

 

 

頭がいい悪いはあまり関係がないのです。

 

 

既にネットビジネスで稼ぐ方法はマニュアル
として存在しています。

 

 

お笑い、料理→師匠

プロスポーツ→コーチ
会社員→教育係、マニュアル

 

 

どんな世界でも優秀な人から教えてもらう
のが成功への近道です。

 

 

これはネットビジネスでも同じです。

 

 

稼いでいる人が販売している教材を実践して
いけば1人でも稼ぐことができるようになるのです。

 

 

 

 

もう出来ない仕事を無理して続けなくても
いいですよね?

 

 

学校や会社で教えてくれるスキルは集団で
上手に立ち回るものです。

 

 

お金を稼ぐためのものではないんですね。

 

 

あなたがやる気ならこれから誰にも邪魔されることなく
PC1台でお金を稼ぐスキルをつけていくことが可能
なのです。

 

 

「どこかまだ足りないところがある」「まだまだ道があるはずだ」と

考え続ける人の日々は輝いている。

 

パナソニックグループの創業者 松下幸之助

 

 

関連ページ

サラリーマンのような時間を切り売りして月給を稼ぐのは危険
僕らは時間に対して給料をもらうことに慣れてしまっています。時間を切り売りして時給を稼いでいると貧乏からは抜け出せません。お金持ちは自分が働くなんて概念はないのです。時間を切り売りするのは自由を安い報酬で売っているようなものなんです。
やりたいことが見つからないのは悪ではなく当り前
やりたいことが見つからないと焦る人は多いですね。だったら何もしなくていい生活ができるように考えればいいのではないでしょうか。僕らの貴重な時間を奪っていく働き方に問題があるのです。やりたいことが見つからないならなにもしなくていいのです。
アフィリエイトよりも会社で働くほうが時間の無駄
今までは会社での労働が時間の無駄だとは考えてもいませんでした。でもアフィリエイトをはじめてから時間によって報酬をえるのは時間の無駄だと感じるようになりました。富裕層はお金=労働時間とは考えてないんです。
一生食っていける仕事をしたいなら会社を辞めれば?
国や会社に頼っていては一生食っていける仕事なんてできません。自分で稼ぐスキルなんかつかないんですね。学校の先生や会社の上司から受けた教育では一生食っていける仕事なんかできないのです。ヒントは昔から変わらないものにあります。
我慢しない生き方をすれば我慢しなくてもいい自由を掴める
僕ら日本人は耐えることに美学を感じます。しかし自由になるためには欲望を叶えるために行動することなのです。耐えることとは逆に我慢しない生き方が正解なんですね。自由がない生活から抜け出したいなら我慢しない生き方ができる仕事を選ぶのです。
最初から地獄だが敷かれたレールも地獄につながっている
子供の頃から学校に行ってみんなと同じ授業、同じ行事をこなしています。敷かれたレールを歩くのは楽なように見えますが自分の人生ではないかもしれません。敷かれたレールからはずれてみれば選択肢が広がるかもしれませんよ。
努力は方向性を間違うと無意味な自己満足になる
競争社会では努力、根性を武器にのし上がっていく人がいます。でもわざわざ競争相手がいるところで努力するのは効率が悪いです。努力を自己満足にさせないために方向性を考えるべきです。努力しても結果がでない自己満足だったなんて悲惨です。
経済的な自立は会社員では定年後も訪れない
会社員は時間、お金、自由、住む場所を摂取される現代の奴隷です。経済的に自立できれば他の自由も手に入りやすくなります。経済的な自立ができる仕事は特定の人でなければできないって嘘なんですよ
毎日が辛いなら同じことの繰り返しを辞めろ
会社員は時間、給料、環境は自分で決めれません。毎日同じ時間に起きて同じ職場に行って同じ人達と仕事をしますよね。自分にあっていれば天国ですけど合わないことを毎日繰り返すのは地獄です。抜け出すにはどうすればいいんでしょうか
幸せって何と考えたときに仕組まれていることに気づいた
幸せとは何かを考えた時に一般的には家族と一緒にいること、仕事があることなど当たり前のことが幸せですよね。しかし人生のほとんどを仕事に捧げて家族が悩んでいる時に側にいられないことが本当に幸せなんでしょうか。
自由がないのが仕事のせいならストレスをためず辞めてしまえ
学生から社会人になると給料をもらう代わりに自由がないストレスがたまる生活が待っています。お金をもらうんだから仕方ないというのが一般的ですね。でも自由がない生活とは無関係にストレスなく稼いでいる人達がいるんです。
人生の設計の順番が逆だからうまくいかない
芸能人は最初のうちは仕事を選んではいけないといいますね。競争率の高い狭い世界だと正解なのかもしれません。人生設計は人それぞれですが雇われずにストレスなく生活することが目的ならそこに到達するまでの人生の設計書は簡単です。
自分を見失うなら本音を言える仕事をしろ
集団で生活するうえでストレスをかかえて自分を見失う人は多いですよね。価値観が違う人とも笑顔で付き合わなければいけない社会です。集団でやらなければいけない仕事をしなければ自分を見失うことなく生きていけるんですけどね。
ブログのデザインにこだわるのはコストを肥大化させるだけ
デザインがかっこいいブログは確かに目を引くかもしれません。しかし稼ぐのが目的であればデザインには時間をかけないほうがいいです。それよりもこれらも変わらない人間の心理状態を勉強して文章力を磨いた方が永続的に稼げるのです。
仕事を定年まで続けるよりも効率よく生きろ
サラリーマンが会社が決めた金額しか稼ぐことができないのと同じようにネットビジネス(で稼げないのにも理由があります。
会社の仕事には将来はないからネットで稼ぐ文章力をつけろ
将来安定して稼げる仕事は何かという質問をする人が多いですよね。無人化が進んでいる現在では将来仕事がなくなる人が続出します。強いて将来性があるといえば稼ぐ仕組みをつくりだすようなコンピュータができない仕事ですね。
会社で必要ない人間ならネット上で必要な人間になればいい
仕事がうまくいかないと必要ない人間なのかもしれないと考えることがあります。関わる人間から仕事の内容まで自分で選ぶことができないんですから、うまくいかないのが当り前なんです。必要ない人間から脱却したいなら好きなことを仕事にすることです。
考える前に行動の意味を間違うとビジネスは成功しない
成功する人は行動力があります。ただ、考える前に行動するのが必ずしも正しいとは限りません。早くするべきところは早くして時間をかけるべきところはじっくりやるという状況判断が大事です。考える前に行動の意味を考えていきましょう。
安定を餌に奨学金という名の借金を背負うな
大学に入るために奨学金を借りる人は後を絶ちません。しかし高い奨学金を払ってもその見返りはあまりにも少ないかもしれません。この変化の速い時代に月に20万~30万を稼ぐために奨学金を払うメリットはないのです。
アフィリエイトも世の中も自動化の時代だから長時間労働はダメ
汗水たらして働く人が幸せになれると言います。しかし企業では工場や小売店で無人化による自動化を進めています。会社は楽しているのに僕らは楽をするのはダメ人間と考えていますね。アフィリエイトで楽をするための苦労をしないと使い捨てにあいます。
教育で現代の奴隷にされた会社員は稼ぐスキルはつかない
雇用されるのは現代の奴隷になるということです。月給20万円くらいで全てを会社に決められてしまいます。国や会社は僕らに稼ぐスキルを与えてくれません。会社には労働力が必要だからです。富裕層のために現代の奴隷を続けるのは時間の浪費です。
負け組人生を歩くのが本当の勝ち組だから常識は偏見だ
負け組人生というのは会社員が当り前の社会独特のものです。無職期間、転職回数、雇用形態によって勝ち組なのか負け組人生なのかを判断しますよね。でも就職なんかしたことない負け組人生を歩いた人でも大金を稼いでいる人は存在します。
どうしても金持ちになりたいならリスクなく稼ぐ方法を知れ
どうしても金持ちになりたいと本気で考える人は少ないです。内心はリスクを背負ったり、大変な苦労をするのは嫌だと考えています。しかしネットビジネスならどうしても金持ちになりたいという思いをリスクなく叶えることができるんです。
今まで教わったことに逆らうのが働かないで生きる方法になる
働かないで生きる方法なんて探していると説教されますよね?それが世間の常識です。みんなが同じ考えを持つことで違う考えの人を排除しようとします。ネットが発達して働かないで生きる方法が手に入るようになっても会社員が多いのはそれが原因です。
仕事が辛いのは難しいからではなく外的要因だから辞めちゃえば?
仕事が辛いから逃げだしたいと僕は何度も思いました。難しいから辛いのではなくて理不尽だから辛いのです。どんなに自分が頑張ってもどうしようもない耐えるだけしか対策がないから辛いんですね。でもそこから抜けだすのは難しいことではありません。
稼ぐスキルが身につかない仕事からの脱走を考えろ
会社員になっても1人で稼げるスキルはつきません。そんな仕事からの脱走をおすすめします。月に20万程度で嫌なことを我慢するなんて、やらなくてもいい苦労です。そんな仕事からの脱走を考えましょう。
嫌な事から逃げてもいい条件は成功者によって解明されている
嫌な事から逃げてもいいなんて普通は言いませんよね?だけど、全てではないのです。嫌な事から逃げていい環境なのかを見極めることが大事です。ネットビジネスの成功者は人間関係が煩わしいなど ネガティブな理由で嫌な事から逃げて成功したのです。
底辺からの脱出をしたいなら自動で金を稼げるノウハウを学べ
底辺からの脱出をしたいなら短時間で稼ぐための行動をするべきです。そのためには無知であることからの脱却が必要です。世の中のお金持ちは知識に投資することで底辺からの脱出をしているのです。
楽して生きたいと思うのは自然だしノウハウも解明されている
楽して生きたいなら常識に疑いを持ってください。朝から晩まで嫌な事を我慢して月に20万円くらい稼ぐのが普通だなんて誰かが考えた常識なんです。楽して生きたいなら働き方を変えてください。ネットがある現在に失敗のリスクなんてないんですから。
仕事を選ぶ人は凡人だけど稼ぎが多いのは当然のこと
仕事を選ぶ人はダメだというのは間違いです。汚い仕事や危険な仕事なんて普通は誰もやりたくありません。しかし誰かがやってくれないとオーナーは儲かりません。だから仕事を選ぶ人はダメなんて嘘が広まったのです。