時間を切り売りする考えは貧困のもと

稼ぐ手段は雇用されることだけだと思い込んでいる

一流企業に入って努力して昇進しろ!
仕事が第一だ!

 

僕が学生時代やサラリーマンになってから言われ続けたことです。

 

 

雇用されることでしたが、稼ぐ術を知らなかったので当然のことだ
と思っていました。

 

 

このブログを読んでくれている人もこのように考えている方が多い
のではないでしょうか。

 

 

なんせ周りの大人達はほとんどが誰かに雇用されて、働いた時間
を切り売りして毎月決まった額の月給をもらっていますからね。

 

 

サラリーマンの月給は会社が決めるのが当たり前なんです。

 

 

高い給料を払っていてはオーナーの儲けが減ってしまいますから、
時給や月給という名の時間を切り売りする働き方が常識だ
と思わせるんですね。

 

 

サラリーマンが時間の切り売りで稼げるのはほとんどが節約し
てやっと生活できる額なんです。

 

 

 

僕も30歳に近くなってから後輩を指導してまとめる立場になりました。

 

 

給料が上がって、会社からは評価されて薔薇色の人生かと思いき
やそうではありませんでした。

 

 


・1万円給料が上がった代わりに残業時間の激増
・クライアントからの理不尽な要求
・言うことを聞かない後輩のマネジメント
・毎日のように抱えるクレーム対応

 

 

ほんの少しの昇給で仕事が増加して自分の時間が激減する現象
が起きてしまったのです。

 

 

友人には昇給はしないけど責任と残業が増えたなんてのも多くいました。

 

 

僕もたった1万円の昇給で精神と自分の時間を更にすり減らしていました。
上司や友人にこのことを打ち明けても

 

 


・1万円昇給して部下を持って幸せじゃないか
・会社はお前に期待しているんだ
・時間の切り売り?俺だってそうだよ。不労所得で暮らしているのなんて親が金持ちか天才だ
・会社員が嫌なら起業だがやっても失敗して借金抱えて再就職もできないぞ!

 

 

こんな答えしか返ってきませんでした。

 

 

元々、その仕事に興味あるわけではなかったので、たった1万円の昇給
のためにストレスを溜めるのとプライベートな時間がなくなるのが嫌でたまり
ませんでした。

 

 

今まで転職を次々としていましたから、それでは状況が変わらないこと
は理解していました。

 

 

別の会社に行っても20代でもない限り、責任ある立場になるしか道
はなく精神的な自由からは遠ざかり、経済的な自由も手に入らない
のです。

 

 

サラリーマンである限り誰にでも訪れることです。責任ある立場にいる
のが嫌ならば派遣やアルバイトを転々とするしかありません。

 

 

そんな現実に耐え切れず時間を切り売りせずに今の月給以上の収入
をえる方法はないかと探しているとアフィリエイトを見つけました。

 

 

詐欺だなというが多いのですが、信用できるものも存在するのです。

 

 

稼いでいる人も様々で主婦、学生、シングルマザー、元派遣社員
など社会でいう肩書は関係ないんですね。

 

 

これを見ていると今まで自分が考えていたことは逆なのではないか
と気付いた瞬間でした。

 

自由で束縛のない生活をしたいなら仕事を選べ

冒頭で一流企業に入って努力して昇進しろ!と書きましたね。

 

 

これをやっても時間の切り売りをして会社に時間を摂取され束
縛されることには変わりません。

 

 

せいぜい昇給することで経済的に恵まれた生活を送れること
くらいです。

 

 

それだって人間関係や時間は自由にはならないのです。

 

 

僕は理不尽なクライアントから逃れること、長時間の拘束をな
すくこと、生活できるのに充分な収入をえること、好きなところに
住めることを目標に設定しました。つまり

 

 

人間関係の自由
時間の自由
経済的な自由
場所の自由

 

 

の4つです。これを達成するためには仕事を選ばなければいけないのです。

 

 

これまでは成功するには嫌な仕事を率先してやらなければいけ
ないと考えていました。

 

 

TVを見ていると売れない芸人やアイドルが有名になるためには
仕事を選んではいけないといいますね。

 

 

芸能界はおそらく狭いですから、それは当然なのでしょう。

 

 

でもアフィリエイトは年々拡大している大きな業界です。
事実、楽天やアマゾンなどの有名企業も勧めています。

 

 

 

アフィリエイトには様々なものが存在しますが、僕の望む4つの自由
を実現させるには仕組み構築による無人での自動化が必要になります。

 

 

働かなくても稼ぐことができるいわゆる不労所得ですね。
ミュージシャンはヒット曲を書けば毎年印税という不労所得を得ることができます。

 

 

一般人もそうですね。ビルを所有したり家を貸すことによって家賃収入
を稼いでいる人もいます。

 

ただ、凡人はヒット曲なんてまず書くことはできないし不動産だって購入
するのに資金がかかり借りてくれる人がいなければリスクを背負います。

 

 

僕のように才能がない凡人が低リスク(費用が少額)で不労所得を人件費なしで得ら
れるのがアフィリエイト
なのです。

 

 

まさにサラリーマンのように時間を切り売りしなくても稼げる術ですね。

 

 

そもそも世の中のセレブと言われている人はほとんどが働いていません。

 

 

彼らは労働者ではなくて仕組みの所有者つまりビジネスモデルのオーナー
なのですね。

 

 

つまり

 


・自分は働かずに仕組みにお金を稼がせる
・仕組みに人が必要ならば雇う
・仕組みが儲けたお金で更に投資してどんどん稼ぎを大きくしていく

 

 

金は金持ちのところに集まるというのはこれが理由です。

 

 

そして、大半の貧乏人は金持ちが所有する仕組みの一部となり長時間
働いてガッポリとピンハネされた月給をもらうのです。

 

 

まさに時間の切り売りですね。

 

本音を実現する方法を考えよう

雇用されているサラリーマンや労働者には諦めがあります。
周りがみんな自由になることを諦めているから普通ですね。

 

 

人間は身近にあるものが真実だと考えます。

 

 

小さい頃から朝早く起きて働いている両親を見て育ってきていて、
自分も小さい頃から同じように学校にいっています。

 

 

ましてや学校の先生だって周りの友達の親だってサラリーマンとして
働いていれば疑う余地なんてなくなってしまいます。

 

 

時間の切り売りに疑いが亡くなってしまうんですね。
でも雇用されることでしか稼げないなんて嘘なんですよ。

 

 

会社のオーナーなどの富裕層は安い給料で時間を割いてくれる人
がいないと困るんですね。

 

 

なんせ仕組みが機能しなくなるわけですから。

 

 

だから雇用されないと稼げないと思い込ませるために小さい頃から
決められた時間に学校行って、好きでもない授業を無理に受け
させて集団生活を強いるのです。

 

 

義務教育とはよく言ったものです。

 

 

実態は貴重な時間を定年までの長い期間を安い賃金で働かせ
るための洗脳機関なんですよ。

 

 

あなたも本音は朝早く満員電車に乗って嫌な仕事を嫌いな人と
一緒になんかやりたくないですよね?

 

 


働きたくない
好きな時に起きて好きな時に寝ていたい
気がすむまで大切な人と過ごしたい
欲しいものを手に入れたい
好きなところに住みたい

 

 

これが普通なんです。でも権力のある富裕層がそんなのは幻想だと
思い込ませるためにいろいろな手を施しているのです。

 

 

何でそんなことをするのでしょうか?

 

 

気付かれたら、貧乏人が自力で稼ぐことができるようになったら自分達
の仕組みに安月給で人が来なくなるからなんです。

 

 

このことから稼ぐのにあんまり能力は関係ないというのがわかるのでは
ないでしょうか?

 

 

能力がある人しか稼げないなら、雇用されて働く時間の切り売りが当然だ
なんて教育は必要ない
んです。

 

 

一部の能力がある人しか稼げないなら学校でお金を稼ぐ教育をしたって
問題ないはずですよね。

 

 

ほとんどの人が競争に負けて結局は富裕層の稼ぐ仕組みに人が供給
されるわけですから。

 

 

それをしないってことは富裕層も稼ぐのに能力が必要ないってことがわかっているからなんですよ。

まとめ

長くなってしまったのでまとめます。

 


・サラリーマンのように時間を切り売りして安月給を得る働き方は間違い
・周りや自分が自由を諦めているのは幼少の頃からの教育に問題がある
・アフィリエイトで仕組みを自動化すれば自由な生活ができる
・富裕層や国が稼ぐ教育をしないのは安月給で働いてくれる人を確保するため
・富裕層は我々がそのことに気付いて仕組みが回らなくなるのを恐れている

 

時間を切り売りして労働するのが正しいという概念を捨てて行動してください。

関連ページ

やりたいことが見つからないのは悪ではなく当り前
やりたいことが見つからないと焦る人は多いですね。だったら何もしなくていい生活ができるように考えればいいのではないでしょうか。僕らの貴重な時間を奪っていく働き方に問題があるのです。やりたいことが見つからないならなにもしなくていいのです。
アフィリエイトよりも会社で働くほうが時間の無駄
今までは会社での労働が時間の無駄だとは考えてもいませんでした。でもアフィリエイトをはじめてから時間によって報酬をえるのは時間の無駄だと感じるようになりました。富裕層はお金=労働時間とは考えてないんです。
一生食っていける仕事をしたいなら会社を辞めれば?
国や会社に頼っていては一生食っていける仕事なんてできません。自分で稼ぐスキルなんかつかないんですね。学校の先生や会社の上司から受けた教育では一生食っていける仕事なんかできないのです。ヒントは昔から変わらないものにあります。
我慢しない生き方をすれば我慢しなくてもいい自由を掴める
僕ら日本人は耐えることに美学を感じます。しかし自由になるためには欲望を叶えるために行動することなのです。耐えることとは逆に我慢しない生き方が正解なんですね。自由がない生活から抜け出したいなら我慢しない生き方ができる仕事を選ぶのです。
最初から地獄だが敷かれたレールも地獄につながっている
子供の頃から学校に行ってみんなと同じ授業、同じ行事をこなしています。敷かれたレールを歩くのは楽なように見えますが自分の人生ではないかもしれません。敷かれたレールからはずれてみれば選択肢が広がるかもしれませんよ。
努力は方向性を間違うと無意味な自己満足になる
競争社会では努力、根性を武器にのし上がっていく人がいます。でもわざわざ競争相手がいるところで努力するのは効率が悪いです。努力を自己満足にさせないために方向性を考えるべきです。努力しても結果がでない自己満足だったなんて悲惨です。
経済的な自立は会社員では定年後も訪れない
会社員は時間、お金、自由、住む場所を摂取される現代の奴隷です。経済的に自立できれば他の自由も手に入りやすくなります。経済的な自立ができる仕事は特定の人でなければできないって嘘なんですよ
毎日が辛いなら同じことの繰り返しを辞めろ
会社員は時間、給料、環境は自分で決めれません。毎日同じ時間に起きて同じ職場に行って同じ人達と仕事をしますよね。自分にあっていれば天国ですけど合わないことを毎日繰り返すのは地獄です。抜け出すにはどうすればいいんでしょうか
幸せって何と考えたときに仕組まれていることに気づいた
幸せとは何かを考えた時に一般的には家族と一緒にいること、仕事があることなど当たり前のことが幸せですよね。しかし人生のほとんどを仕事に捧げて家族が悩んでいる時に側にいられないことが本当に幸せなんでしょうか。
自由がないのが仕事のせいならストレスをためず辞めてしまえ
学生から社会人になると給料をもらう代わりに自由がないストレスがたまる生活が待っています。お金をもらうんだから仕方ないというのが一般的ですね。でも自由がない生活とは無関係にストレスなく稼いでいる人達がいるんです。
人生の設計の順番が逆だからうまくいかない
芸能人は最初のうちは仕事を選んではいけないといいますね。競争率の高い狭い世界だと正解なのかもしれません。人生設計は人それぞれですが雇われずにストレスなく生活することが目的ならそこに到達するまでの人生の設計書は簡単です。
自分を見失うなら本音を言える仕事をしろ
集団で生活するうえでストレスをかかえて自分を見失う人は多いですよね。価値観が違う人とも笑顔で付き合わなければいけない社会です。集団でやらなければいけない仕事をしなければ自分を見失うことなく生きていけるんですけどね。
ブログのデザインにこだわるのはコストを肥大化させるだけ
デザインがかっこいいブログは確かに目を引くかもしれません。しかし稼ぐのが目的であればデザインには時間をかけないほうがいいです。それよりもこれらも変わらない人間の心理状態を勉強して文章力を磨いた方が永続的に稼げるのです。
仕事を定年まで続けるよりも効率よく生きろ
サラリーマンが会社が決めた金額しか稼ぐことができないのと同じようにネットビジネス(で稼げないのにも理由があります。
会社の仕事には将来はないからネットで稼ぐ文章力をつけろ
将来安定して稼げる仕事は何かという質問をする人が多いですよね。無人化が進んでいる現在では将来仕事がなくなる人が続出します。強いて将来性があるといえば稼ぐ仕組みをつくりだすようなコンピュータができない仕事ですね。
会社で必要ない人間ならネット上で必要な人間になればいい
仕事がうまくいかないと必要ない人間なのかもしれないと考えることがあります。関わる人間から仕事の内容まで自分で選ぶことができないんですから、うまくいかないのが当り前なんです。必要ない人間から脱却したいなら好きなことを仕事にすることです。
考える前に行動の意味を間違うとビジネスは成功しない
成功する人は行動力があります。ただ、考える前に行動するのが必ずしも正しいとは限りません。早くするべきところは早くして時間をかけるべきところはじっくりやるという状況判断が大事です。考える前に行動の意味を考えていきましょう。
安定を餌に奨学金という名の借金を背負うな
大学に入るために奨学金を借りる人は後を絶ちません。しかし高い奨学金を払ってもその見返りはあまりにも少ないかもしれません。この変化の速い時代に月に20万~30万を稼ぐために奨学金を払うメリットはないのです。
アフィリエイトも世の中も自動化の時代だから長時間労働はダメ
汗水たらして働く人が幸せになれると言います。しかし企業では工場や小売店で無人化による自動化を進めています。会社は楽しているのに僕らは楽をするのはダメ人間と考えていますね。アフィリエイトで楽をするための苦労をしないと使い捨てにあいます。
教育で現代の奴隷にされた会社員は稼ぐスキルはつかない
雇用されるのは現代の奴隷になるということです。月給20万円くらいで全てを会社に決められてしまいます。国や会社は僕らに稼ぐスキルを与えてくれません。会社には労働力が必要だからです。富裕層のために現代の奴隷を続けるのは時間の浪費です。
負け組人生を歩くのが本当の勝ち組だから常識は偏見だ
負け組人生というのは会社員が当り前の社会独特のものです。無職期間、転職回数、雇用形態によって勝ち組なのか負け組人生なのかを判断しますよね。でも就職なんかしたことない負け組人生を歩いた人でも大金を稼いでいる人は存在します。
どうしても金持ちになりたいならリスクなく稼ぐ方法を知れ
どうしても金持ちになりたいと本気で考える人は少ないです。内心はリスクを背負ったり、大変な苦労をするのは嫌だと考えています。しかしネットビジネスならどうしても金持ちになりたいという思いをリスクなく叶えることができるんです。
今まで教わったことに逆らうのが働かないで生きる方法になる
働かないで生きる方法なんて探していると説教されますよね?それが世間の常識です。みんなが同じ考えを持つことで違う考えの人を排除しようとします。ネットが発達して働かないで生きる方法が手に入るようになっても会社員が多いのはそれが原因です。
仕事が辛いのは難しいからではなく外的要因だから辞めちゃえば?
仕事が辛いから逃げだしたいと僕は何度も思いました。難しいから辛いのではなくて理不尽だから辛いのです。どんなに自分が頑張ってもどうしようもない耐えるだけしか対策がないから辛いんですね。でもそこから抜けだすのは難しいことではありません。
稼ぐスキルが身につかない仕事からの脱走を考えろ
会社員になっても1人で稼げるスキルはつきません。そんな仕事からの脱走をおすすめします。月に20万程度で嫌なことを我慢するなんて、やらなくてもいい苦労です。そんな仕事からの脱走を考えましょう。
嫌な事から逃げてもいい条件は成功者によって解明されている
嫌な事から逃げてもいいなんて普通は言いませんよね?だけど、全てではないのです。嫌な事から逃げていい環境なのかを見極めることが大事です。ネットビジネスの成功者は人間関係が煩わしいなど ネガティブな理由で嫌な事から逃げて成功したのです。
底辺からの脱出をしたいなら自動で金を稼げるノウハウを学べ
底辺からの脱出をしたいなら短時間で稼ぐための行動をするべきです。そのためには無知であることからの脱却が必要です。世の中のお金持ちは知識に投資することで底辺からの脱出をしているのです。
出来ない仕事を続けるよりも自分で仕事を生みだしてしまえ
難しいから出来ない仕事というのはほぼありません。そもそも担当がその仕事を続けるかどうかもわからないですよね。だから出来ない仕事があるというのは難しさよりも別に原因があるのです。自分で制御できないことなら続けるより辞めることを考えましょう。