我慢しない生き方をするには自由になれる仕事をしろ

大勢が思い込んでいる嘘

我慢しない生き方で自由な暮らしをしたい

 

 

こんなことを言ったら非難の集中砲火ですね。
逃げたらだめだ苦労すればきっと報われるよと周りは言うでしょうね。

 

 

会社では我慢しない生き方をしたいとは冗談でしか口にすることは
できませんよね。

 

 

僕も会社を辞める時は上司に散々意見されました。

 

 

俺だって我慢しているんだ

辛いのはおまえだけしゃない、これを乗り越えれば楽になれるんだ

 

 

上司だって嘘をついているわけではありません。
確かに我慢もしているでしょうし、嫌なことはずっとは続かないかもしれません。

 

 

でも我慢を続けたって1つ辛いことが過ぎ去ったって、また嫌なこと
が襲い掛かってきます。

 

 

我慢しない生き方なんてずっと手に入らないです。

 

 

定年後は人間関係の不自由さから解放されるかもしれません。

 

 

でも経済的な不自由さはついてまわります。

 

 

定年後に年金なんて満足な生活をするだけもらえない可能性が
高いし、定年前にリストラされるかもしれません。

 

 

実際に国民年金を払わない人が増加しているし、国も徴収に必死です。
国民年金保険料の推移を見てください。

 

参照 日本年金機構のホームページ

 

10年で2千円くらい上がっています。
1割以上ですよ。
もうヤバい状態なのは明らかですね。

 

 

我慢しない生き方が怠けた考えなんていうのは国や会社に
雇われた場合なんです。

 

 

ネットが普及している現代では自分で稼ぐ手段は多くあります。

 

 

一ヶ月をやっと生きれるくらいの給料、時間と場所の拘束、
理不尽な人間関係これらは全てしなくてもいい我慢なんです。

 

 

我慢というのはその先に明るい未来があるからするものです。我慢するのが目的
ではない
んですよ。

 

 

我々は仕事をするうえでは理不尽なことは当たり前だと教育されています。

 

 

でもこれは嘘なんです。
雇われているのであれば理不尽なことは当然という意味なんですね。

 

 

もうお分かりですね。
我慢しない生き方=雇われないで稼ぐなんです。

 

 

この考えは当然のことなんです。会社に拘束される時間を考えてみてください。
少なくても1日8時間は取られてしまいます。

 

 

これに残業、通勤時間を入れれば1日の半分は会社のために時間を使ってる
ことになります。

 

 

また、仕事が終わってからでも日曜や休日の夜でも

 

 

「あー、明日会社かー。嫌だな」

 

 

と考えませんか?仕事していない時でも精神的には会社に支配されている
のです。

 

 

我慢しない生き方とは程遠い生活なんです。

 

 

人間は周りの環境に染まりやすいですから自由がないとそれが常識のよう
に考えてしまうんですね。

 

 

よく残業で終電が当り前だった人が転職して普通の会社で定時で帰れる
のはなんて幸せなんだというのを見かけます。

 

 

そんな遅くまで働くのが常識の世界にいたのですね。
嘘で自分の人生を潰される恐怖を感じるエピソードです。

 

 

常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。

 

アルベルト・アインシュタイン

 

自由を掴むなら仕事を選べ

経歴が悪いんだから仕事を選んでなんかいられないだろう
いい加減気付いてください。自分の価値が低いことに

 

 

掲示板でニートや転職回数が多い人が相談すると必ず浴びせられる言葉です。
先程もいいましたが、会社に入るのであれば当てはまる言葉ですね。

 

 

僕も何度も転職して、中途採用に関わっている人に話を聞いたことが少しだけ
あります。

 

 

会社に入るためにはスキルよりも自分では頑張ってもどうしようもない条件で制限を
かけられているんだそうです。

 

 

年齢、性別、転職回数などです。
これが合って初めて採用される可能性のある面接に呼んでもらえるんです。

 

 

理不尽ですよね。

 

 

これから自分で頑張ったってどうしようもないです。

 

 

入るまでに苦労して入ってからも理不尽なめにあうなんていくら我慢しても
キリがないんですよ。

 

 

それだれば雇われずにネットビジネスで稼げばいいのです。

 

 

始めるまでのハードルは低いですし、ネットとPCがあれば誰でもできます。
しかも何度失敗してもいいのです。

 

 

会社は失敗に寛容ではありません。周りの人間との兼ね合いもありますから、
仕方ないことですね。

 

 

反面、ネットビジネスならば失敗しても会社のように周りに迷惑かける人が
いないですし、失敗しても修正するのを繰り返せば稼げるようになります。

 

 

経歴が悪い人が会社員時代とは比べ物にならないほど稼いでいるのです。

 

 

もう社会で評価が低くても成功できるのは明らかですし、我慢しない生き方
を手に入れているのです。

 

 

会社で我慢して働いていたり、そもそも就職や転職ができないのであれば
そんなことにエネルギーを使わずに雇われずに生きていく方法を探してみては
いかがでしょうか?

 

 

そうは言っても大変そうだし、自分のスキルじゃなー

 

 

と考えているのかもしれませんね。ネットビジネスは正しい方法を選択すれば
会社員のように外的な要因で邪魔されることはありません。

 

 

そもそも基本は一人で作業するものですからね。

 

 

稼げない人が多いのはパレードの法則で証明できます。
簡単に言うと2:8に分かれるというものですね。

 

 

ネットビジネスの中でもアフィリエイトは5000円以上稼げるのが全体の5%
と言われています。

 

 

先程のパレードの法則で説明すると

 

 

情報を集めて真剣に取り組んだ人:20%
情報を集めたが真剣に取り組まなかった:80%

 

 

上記の「情報を集めて真剣に取り込んだ人」は20%になります。
そして、真剣に取り組んでもある程度の期間は必要です。

 

 

アフィリエイトは結果がでるまでに3ヶ月くらいと言われています。
ここでもやはり脱落していくわけです。

 

 

3ヶ月継続した人:4%
3ヶ月継続できなかった人:16%

 

 

5%以下になりましたね。

 

 

ご理解いただけましたか?

 

 

情報を集めて継続すれば稼げている5%に入れるということです。

 

 

我慢しない生き方をするにはこれだけでいいのです。

 

 

本当に不幸なのは、

 

できることを未完のまま放り出し、

 

理解もしていないことをやり始めてしまう人々だ。

 

彼らがやがて嘆くのも無理はない。

 

ドイツの詩人、小説家、劇作家 ゲーテ

 

 

失敗を恐れて行動しない人や継続できない人がほとんどなのです。
それができればもう我慢しない生き方を手に入れたようなものです。

 

 

我慢しない生き方=自由

 

 

好きなことを制限をかけることなく腹一杯できます。金曜の夜は飛ぶように喜んだり
日曜の夜は落ち込む必要もなくなります。

 

 

なんせ365連休なのですから。
それを叶えるためには仕事を選ぶのが効率的なのです。

関連ページ

サラリーマンのような時間を切り売りして月給を稼ぐのは危険
僕らは時間に対して給料をもらうことに慣れてしまっています。時間を切り売りして時給を稼いでいると貧乏からは抜け出せません。お金持ちは自分が働くなんて概念はないのです。時間を切り売りするのは自由を安い報酬で売っているようなものなんです。
やりたいことが見つからないのは悪ではなく当り前
やりたいことが見つからないと焦る人は多いですね。だったら何もしなくていい生活ができるように考えればいいのではないでしょうか。僕らの貴重な時間を奪っていく働き方に問題があるのです。やりたいことが見つからないならなにもしなくていいのです。
アフィリエイトよりも会社で働くほうが時間の無駄
今までは会社での労働が時間の無駄だとは考えてもいませんでした。でもアフィリエイトをはじめてから時間によって報酬をえるのは時間の無駄だと感じるようになりました。富裕層はお金=労働時間とは考えてないんです。
一生食っていける仕事をしたいなら会社を辞めれば?
国や会社に頼っていては一生食っていける仕事なんてできません。自分で稼ぐスキルなんかつかないんですね。学校の先生や会社の上司から受けた教育では一生食っていける仕事なんかできないのです。ヒントは昔から変わらないものにあります。
最初から地獄だが敷かれたレールも地獄につながっている
子供の頃から学校に行ってみんなと同じ授業、同じ行事をこなしています。敷かれたレールを歩くのは楽なように見えますが自分の人生ではないかもしれません。敷かれたレールからはずれてみれば選択肢が広がるかもしれませんよ。
努力は方向性を間違うと無意味な自己満足になる
競争社会では努力、根性を武器にのし上がっていく人がいます。でもわざわざ競争相手がいるところで努力するのは効率が悪いです。努力を自己満足にさせないために方向性を考えるべきです。努力しても結果がでない自己満足だったなんて悲惨です。
経済的な自立は会社員では定年後も訪れない
会社員は時間、お金、自由、住む場所を摂取される現代の奴隷です。経済的に自立できれば他の自由も手に入りやすくなります。経済的な自立ができる仕事は特定の人でなければできないって嘘なんですよ
毎日が辛いなら同じことの繰り返しを辞めろ
会社員は時間、給料、環境は自分で決めれません。毎日同じ時間に起きて同じ職場に行って同じ人達と仕事をしますよね。自分にあっていれば天国ですけど合わないことを毎日繰り返すのは地獄です。抜け出すにはどうすればいいんでしょうか
幸せって何と考えたときに仕組まれていることに気づいた
幸せとは何かを考えた時に一般的には家族と一緒にいること、仕事があることなど当たり前のことが幸せですよね。しかし人生のほとんどを仕事に捧げて家族が悩んでいる時に側にいられないことが本当に幸せなんでしょうか。
自由がないのが仕事のせいならストレスをためず辞めてしまえ
学生から社会人になると給料をもらう代わりに自由がないストレスがたまる生活が待っています。お金をもらうんだから仕方ないというのが一般的ですね。でも自由がない生活とは無関係にストレスなく稼いでいる人達がいるんです。
人生の設計の順番が逆だからうまくいかない
芸能人は最初のうちは仕事を選んではいけないといいますね。競争率の高い狭い世界だと正解なのかもしれません。人生設計は人それぞれですが雇われずにストレスなく生活することが目的ならそこに到達するまでの人生の設計書は簡単です。
自分を見失うなら本音を言える仕事をしろ
集団で生活するうえでストレスをかかえて自分を見失う人は多いですよね。価値観が違う人とも笑顔で付き合わなければいけない社会です。集団でやらなければいけない仕事をしなければ自分を見失うことなく生きていけるんですけどね。
ブログのデザインにこだわるのはコストを肥大化させるだけ
デザインがかっこいいブログは確かに目を引くかもしれません。しかし稼ぐのが目的であればデザインには時間をかけないほうがいいです。それよりもこれらも変わらない人間の心理状態を勉強して文章力を磨いた方が永続的に稼げるのです。
仕事を定年まで続けるよりも効率よく生きろ
サラリーマンが会社が決めた金額しか稼ぐことができないのと同じようにネットビジネス(で稼げないのにも理由があります。
会社の仕事には将来はないからネットで稼ぐ文章力をつけろ
将来安定して稼げる仕事は何かという質問をする人が多いですよね。無人化が進んでいる現在では将来仕事がなくなる人が続出します。強いて将来性があるといえば稼ぐ仕組みをつくりだすようなコンピュータができない仕事ですね。
会社で必要ない人間ならネット上で必要な人間になればいい
仕事がうまくいかないと必要ない人間なのかもしれないと考えることがあります。関わる人間から仕事の内容まで自分で選ぶことができないんですから、うまくいかないのが当り前なんです。必要ない人間から脱却したいなら好きなことを仕事にすることです。
考える前に行動の意味を間違うとビジネスは成功しない
成功する人は行動力があります。ただ、考える前に行動するのが必ずしも正しいとは限りません。早くするべきところは早くして時間をかけるべきところはじっくりやるという状況判断が大事です。考える前に行動の意味を考えていきましょう。
安定を餌に奨学金という名の借金を背負うな
大学に入るために奨学金を借りる人は後を絶ちません。しかし高い奨学金を払ってもその見返りはあまりにも少ないかもしれません。この変化の速い時代に月に20万~30万を稼ぐために奨学金を払うメリットはないのです。
アフィリエイトも世の中も自動化の時代だから長時間労働はダメ
汗水たらして働く人が幸せになれると言います。しかし企業では工場や小売店で無人化による自動化を進めています。会社は楽しているのに僕らは楽をするのはダメ人間と考えていますね。アフィリエイトで楽をするための苦労をしないと使い捨てにあいます。
教育で現代の奴隷にされた会社員は稼ぐスキルはつかない
雇用されるのは現代の奴隷になるということです。月給20万円くらいで全てを会社に決められてしまいます。国や会社は僕らに稼ぐスキルを与えてくれません。会社には労働力が必要だからです。富裕層のために現代の奴隷を続けるのは時間の浪費です。
負け組人生を歩くのが本当の勝ち組だから常識は偏見だ
負け組人生というのは会社員が当り前の社会独特のものです。無職期間、転職回数、雇用形態によって勝ち組なのか負け組人生なのかを判断しますよね。でも就職なんかしたことない負け組人生を歩いた人でも大金を稼いでいる人は存在します。
どうしても金持ちになりたいならリスクなく稼ぐ方法を知れ
どうしても金持ちになりたいと本気で考える人は少ないです。内心はリスクを背負ったり、大変な苦労をするのは嫌だと考えています。しかしネットビジネスならどうしても金持ちになりたいという思いをリスクなく叶えることができるんです。
今まで教わったことに逆らうのが働かないで生きる方法になる
働かないで生きる方法なんて探していると説教されますよね?それが世間の常識です。みんなが同じ考えを持つことで違う考えの人を排除しようとします。ネットが発達して働かないで生きる方法が手に入るようになっても会社員が多いのはそれが原因です。
仕事が辛いのは難しいからではなく外的要因だから辞めちゃえば?
仕事が辛いから逃げだしたいと僕は何度も思いました。難しいから辛いのではなくて理不尽だから辛いのです。どんなに自分が頑張ってもどうしようもない耐えるだけしか対策がないから辛いんですね。でもそこから抜けだすのは難しいことではありません。
稼ぐスキルが身につかない仕事からの脱走を考えろ
会社員になっても1人で稼げるスキルはつきません。そんな仕事からの脱走をおすすめします。月に20万程度で嫌なことを我慢するなんて、やらなくてもいい苦労です。そんな仕事からの脱走を考えましょう。
嫌な事から逃げてもいい条件は成功者によって解明されている
嫌な事から逃げてもいいなんて普通は言いませんよね?だけど、全てではないのです。嫌な事から逃げていい環境なのかを見極めることが大事です。ネットビジネスの成功者は人間関係が煩わしいなど ネガティブな理由で嫌な事から逃げて成功したのです。
底辺からの脱出をしたいなら自動で金を稼げるノウハウを学べ
底辺からの脱出をしたいなら短時間で稼ぐための行動をするべきです。そのためには無知であることからの脱却が必要です。世の中のお金持ちは知識に投資することで底辺からの脱出をしているのです。
出来ない仕事を続けるよりも自分で仕事を生みだしてしまえ
難しいから出来ない仕事というのはほぼありません。そもそも担当がその仕事を続けるかどうかもわからないですよね。だから出来ない仕事があるというのは難しさよりも別に原因があるのです。自分で制御できないことなら続けるより辞めることを考えましょう。