アフィリエイトは商品を売るのに集中すると失敗する

勉強しなくてもいいけどやったほうが選択肢が多くなるよ

 

 

僕が高校生だったころに先生が言っていたことです。

 

 

将来困るから勉強しろ

大学にいったほうが給料が高いぞ。だから勉強しろ。
勉強しないとロクな職業につけないぞ。

 

 

普通だったらこんなふうに説得してきますよね?

 

 

なんでもないことのようですが商品を売るために必要な
ことが隠されているのです。

 

 

アフィリエイトで継続しているにも関わらず結果がでない
人は商品を売ろうと必死になっている人が多いのです。

 

 

鼻息荒いと逃げていく

私は、いわゆる売り込みをしたことがありません。

代わりに、人の役に立つブログ記事を書いて自ら
の専門性をアピールしたり、やりたい仕事や志を
SNSで発信したりしています。
すると人脈を伝って誰かの目にとまり顧客増加
につながるのです。

 

ファッション流通コンサルタント 齊藤孝浩

 

 

スクロールしてもしつこく表示される広告

記事にしつこく販売用のリンクがある
サイドバーにぎっしりとある広告

 

 

商品を売るために必死になっているのが伝わってくる
アフィリエイトサイトはたくさんあります。

 

 

あなたはそれを見てどう思いますか?

 

 

買いたいと思うどころかそんな怪しいサイトは信用
できないと判断するのではないでしょうか。

 

 

だとしたらそれは正しいです。

 

 

誰でも商品を売るために鼻息が荒いと引いて
しまうものなんです。

 

 

怪しいですよね?

 

 

買う側としては自分の悩みを解決するために
購入するのに悩みに寄り添うどころか強引に
売ってくるのですから。

 

 

カラアゲ君1個増量中です。いかがでしょうか。
おにぎり期間限定で100円です。いかがでしょうか。

 

 

コンビニにいくとよく店員が宣伝していますね。

 

 

その時の状況を考えてください。

 

 

目の前に立って宣伝してくる店員はまず
いませんよね?

 

 

離れたところでさりげなく言った方が効果が
あるとわかっているからなんです。

 

 

アフィリエイトで商品を売るのに必死になっている
と結果がでないのもこれと同じです。

 

 

広告リンクだらけのサイトからなんて記事の書き
手のファンでない限りまず買おうなんて思わない
んですね。

 

 

しかも悪いことにせっかく良質な記事を書いてい
てもそんな売り込み臭がするサイトだと読みもせず
に閉じられてしまう可能性が高いのです。

 

 

だからアフィリエイトで結果がでているかどうかは
サイトと記事を読んでみれば大体はわかるのです。

 

 

もうこの業界に詐欺が多いのはご存知ですよね?

 

 

寝てても年収1億円

クリックするだけで月収50万円
豪華なマンションや高級車の画像

 

 

こんなアピールをしているところはもちろん疑う
べきですが、先程もお話ししたように商品を売
るために鼻息が荒く感じるサイトも実績を偽って
いるところが多いのです。

 

 

ではどんなサイトから商品を購入したいと思いますか?

 

 

販売者を信用できるところですよね?

 

 

毎日のように人の役に立つ記事を書いていれば
語らずとも誠実さや悩みに寄り添う気持ちが伝わ
り信用してもらえるのです。

 

 

すると商品を売るために必死にならなくても自然と
売れていくのです。

継続すれば稼げる理由

アフィリエイトで成功するには継続すること

 

 

稼いでいる人達はそろって口にしています。

 

 

Googleに評価されて上位表示するのに時間がかかるから

仕組み完成までに時間がかかるから

 

 

このような理由が一般的です。
しかしもっと単純でわかりやすいワケがあるのです。

 

 

詐欺師や商品を売ることに目がくらんだ輩が多いですから
コツコツと悩みを解決する記事を提供する人は貴重なんです。

 

 

そういう人のところには人が集まってくるんですね。

 

 

ご理解いただけますか?

 

 

稼げるのが一瞬でいいならば商品を売るのに必死になった
り放置するだけで年収1億円と詐欺まがいのアピールすれ
ばいいのかもしれません。

 

 

しかし当然そんなビジネスは長続きしません。

 

 

毎日人の役に立つ記事を発信して信用してもらった方が
リピーターがつきやすく長続きするのです。

 

 

信用は実に資本であって商売繁盛の根底である

 

実業家 渋沢栄一

 

 

僕もこのブログを開設して3ヶ月くらいになりますがほぼ毎日
記事を更新しています。

 

 

また、いまだにアフィリリンクを貼っていません(2018年1月8日現在)

 

 

現在は悩みを解決するための記事を書いて共感してくれる
人を増やすことに集中しています。

 

 

つまりこのブログに何度も訪れてくれるファンを構築している
最中なのです。

 

 

もちろんアフィリエイトで稼ぎたいとは思っています。

 

 

しかし商品を売ることを第一に考えていると長続きしないと
わかっているのでリンクを貼っていないのです。

 

 

記事もかなりストックができてきましたので近いうちに僕が
使っている商品を紹介します。

関連ページ

アフィリエイトの基礎と種類
自分のブログで生活できるようにする
ごちゃまぜブログはトレンドアフィリエイトの登竜門なのか
アフィリエイト初心者が最初にやるのがトレンドアフィリエイトが多いです。その中でもごちゃまぜブログはやり安いと言われています。メリットとデメリットをお話しします。
特化型ブログのネタ探しはYahooの情報でアクセス爆発
アフィリエイトにとってキーワードや記事のネタ探しは稼ぐ額の全てを左右すると言ってもいいでしょう。頭で考えてもネタなんかほとんど湧いてこないですよね。キーワードやネタは考えるものではなくて探すものなんですよ。
アフィリエイトで稼げるかどうかは師匠選びで99%が決まる
アフィリエイトで稼ぐのに重要なのはノウハウではありません。ただ稼ぎ方にはいろいろ方法がありますから自分の価値観にあったやり方をしなければ継続が難しいのです。だから価値観にあった師匠選びが一番苦労するかもしれません。
アフィリエイト初心者が簡単に使えるレンタルサーバーはロリポップ
アフィリエイト初心者はまず先になにをしたらいいのかわからないものですよね。記事を書くにも場所を確保しなければいけません。それがレンタルサーバーなんですね。アフィリエイト初心者はレンタルサーバーの選択にも迷うものです。
アフィリエイトで頑張っても稼げない人がやっている無駄な作業
アフィリエイトで稼ぐ人は全体の5%とされています。ほとんどは努力を継続できないから稼げないのです。無駄だからアフィリエイトを辞めようってこともありますね。なぜ継続できないのかを考えたことはありますか?無駄な努力を省くことが近道なのです。
アフィリエイトの情報商材は自分の価値観で選べ
アフィリエイトのノウハウを扱った情報商材はたくさんあります。目先の利益のために短期間で稼げる方法に目がいってしまいますが長く稼ぎたいのであれば自分の価値観と情報商材があっているかを見なければいけません。
今後パンダペンギンアップデートがあっても影響を受けない方法
パンダペンギンアップデートのような検索順位に影響を与える仕様変更に怯えることのない方法を探しましょう。Googleだけに依存していては長期的に稼ぎ続けるのは不可能です。それよりも変わらない人間の心理に注目した方が効率的ですね。
アフィリエイトの経費もケチるようじゃ稼ぐのは無理
ビジネスには一般的に莫大な費用がかかります。アフィリエイトは費用が少なくてもできる画期的なビジネスです。しかしそんな微々たる経費もケチる人が大勢いるのです。経費や投資をケチることで莫大な利益を放棄していることに気付いていないのですね。
アフィリエイトは成約率が低い情報商材が永続的に稼げる
単価の高いものは成約率が低く初心者には向かないのでトレンドサイトを進める人が多いです。長く稼ぐことを考えてないんですね。息の長い人は成約率の低い情報商材を扱っている人が多いのです。
アフィリエイトのノウハウを記事にするのはもう遅い
アフィリエイトは今からやっても遅いから稼げないというのが浸透しています。だけど広告業である限り需要はありますし、ビジネスなので競争がありますから先発組が安泰なんてことはありません。遅いのは参入の時期ではなくて考え方なのです。
グーグルのアルゴリズム変更に左右されない絶対不変のノウハウ
SEO対策が一番大事。僕がアフィリエイトをはじめたころ信じていたことです。グーグルのアルゴリズムは水ものですから変化します。グーグルのアルゴリズム仕様変更によって稼ぎがなくなるようでは長続きしません。絶対不変のノウハウを学ぶべきです。
ブログとメルマガの組み合わせがアフィリエイト界で最強の理由
ビジネスで重要なのは信用です。ブログとメルマガを駆使すれば商品を買わされたというネガティブな感情は芽生えません。なぜなら、ブログとメルマガを使えばはお客さんに信用してもらったうえでセールスにもっていけるからなのです。
ネットビジネスを自動化すれば収入が右肩上がりになる理由
ネットビジネスは自動化できるため参入者が増えています。でも脱落者が多いのも事実なのです。ネットビジネスで収入が右肩上がりにならないのは継続できないからというのもありますが、自動化するための正しいノウハウが不足している場合も多いのです。